【続】WWEに渡った宝城カイリ選手-その後。その2

(「海賊女王」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。2017年の来る11月18日、サバイバーシリーズの前日に、アメリカはテキサス州ヒューストンのトヨタセンター(汗)で、NXT TakeOver: WarGamesが開催されます。カイリセイン(Kairi Sane)選手が、その大会で、いよいよアスカ選手の保持していたNXT女子チャンピオンの座に挑みます。

カイリ選手は、WWEに登場するや否やメイヤングクラシック(WWE Mae Young Classic)優勝の快挙を成し遂げたのは記憶に新しいところです(2017年の9月12日)。

本連載では、そんなカイリ選手の軌跡を、メイヤングクラシック優勝直後、NXT参戦あたりの頃から辿っています。

我ながらマイナーなチョイスですが、肩をすくめず、お付き合いいただけると幸いです。


・近況。


「ペイジ選手と」って、へ!?

最近のカイリ選手ですが、上掲ツイッター画像みたいに、ペイジ選手と記念撮影したりしています。

ペイジ選手と言えば、AJリーパンクとバックレた退団した後の女子ディビジョンを引っ張った名選手です。

首のケガ(多分)で一時期離脱していたようですが、リングから遠ざかっていた時期にも、元WWEのアルベルトデルリオと付き合ったり、プロポーズしたり、画像配信したり、プロポーズしといて自分で破棄したり・・・いろいろ活躍していました。

正直、この観点からすると、上のツイッター画像では、カイリ選手より、ペイジ選手がWWEのトレーニングセンターにちゃっかり居ることのほうに情報的な価値がある、というのがメディアの見方のようです。

あ、はい。上のツイッターの文章を訳せって話ですよね。

ついにこのベッピンさんに会うことができたわ!一度、日本の空港で会ったんだよね。その時、カイリは私のいちファンでしかなかった。でも今はスーパースターよ。スゴイ、いまに見てなよ!  byぺいじ。

こんなんで、どうでしょうか。え?意訳し過ぎ?

それにしても「@RealPaigeWWE」って、ニセペイジ多いんでしょうかね。確かにエマ選手には、ニセモノいました。すごいアクセス稼いでました。


・WWE的には「カイリ推し」らしい。


(「こんちわ。」出典:WWE)

前回NXT TakeOver: WarGamesでカイリ選手が、フェイタル4WAYをする相手の3選手をご紹介しましたが、メディア予想的には、カイリ選手が有望のようです。

この情報自体は、そんなに新しいものではなく、メイヤングクラシック優勝時に既に出ていました(ケージサイドシーツなど)。

現在の人気を考えても、このストーリーラインが変更に成ったとは思えません。だから、70パーセントがた、フェイタル4WAYを制覇するのはカイリ選手だと予想されます。

それはつまり、次期NXT女子チャンプは、カイリ選手だということです。

そう予想されますが、しかし・・・カイリ選手、可愛すぎなんですよね。

こんなこと言うとまた怒られますが、カイリ選手、「リングを駆ける少女」みたいなんですよね・・・。(スミマセン!スミマセン!!)

じゃあ、代わりにシェイナバズラー選手とナイアジャックス選手が中心となった女子ディビジョンを考えればよいのかと言えば、それはそれで確かに説得力がありますが、ディーバもへったくれもないのは確かです。

(「こんな感じ」出典:WWE)

ここらへん、WWEの舵取りが注目されます。

今回は、ここまでです。

・・・こんな調子だと、テイクオーバーの試合結果も入り込んできそうですけれども、それは成り行きと言うことで、ご勘弁してください。

では。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m