リアリプリー vs. シャーロット(2021/6/20 Hell In A Cell)

ここシャーロットの特徴。
リングインするとき、
レフェリーにロープ上げさせます。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間2021/6/20, WWEの6月のPPV, Hell In A Cell が開催されました。

あと7月にMoney In The Bankがあって、8月に勝負のSummer Slamですね・・・。

今年のSummer Slamに対するWWEの気合いの入り方は尋常じゃないって、あらゆるメディアで報じられています。


・Disqualification


これで
Disqualification(無効試合)。

さて、リアリプリー(現RAW女子王者) vs. シャーロットですが・・・

いい試合でしたね。

WWEが目指した女子戦の完成形に近いものだったとおもいます。

とにかく、見ていて、女子戦っていう感じがしないです。

ようするに四肢が長いって、それだけなんですけど、女子戦みていて飽きるのは、なんかちっこいねーちゃんがドタバタ走っているところにあるんですよね。

シャーロットとリアリプリーだと、それがないです。

なので、この2人はトップ戦線のこるでしょう。

あと、シャーロットが、やっぱり素晴らしいです。

シャーロットの弱点は、ASUKAのような蹴りがないところなんですけど、それ以外は完璧ですね。

表現力とか。

でも、一方で、リアリプリーは、レスラーとしての見せ場がない。

リプタイド以外、あんた何あんの?ってそこを埋めないと、王者として説得力ないでしょう。

なので、技のレパートリーを増やさないといけません。

先生そうおもいます。


・リアリプリーが王座保持


DQで試合自体が無効になったから、
リアリプリーが王座保持。

試合そのものは、シャーロットの一方的な試合でした。

とにかく、このひと(シャーロット)に任せておけば、女子メインは形になるってのは事実です。

流れとしては、リアリプリーの左足をシャーロットが徹底的に痛めつけ・・・

最期、フィギュア8でギブアップ取りに行ったところ、そのままひきずってリアリプリーが場外に転落。

・・・で、上掲画像の前のとおり、アナウンステーブルをシャーロットにぶつけて・・・

・・・なんで、それ(アナウンステーブルをぶつけたこと)が、そうなるのかわからないですが・・・

DQ(無効試合)成立、となりました。

リアリプリー王座保持。

・・・う~ん・・・ここで、ベッキーリンチ戻ってくるの?

いや、もうベッキーリンチとか、ロンダラウジーとか、もう要らないのだが・・・。

ここにラケルゴンザレスが入ったら、相当女子戦進化するんだけどね。

そんな風におもいました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m