ジョンモクスリー vs. 鈴木みのる(2021/9/8 Dynamite)

AEWは元々、
こういう試合が
求められてたんだけどね。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

アダムコール、ダニエルブライアン、CMパンク・・・みんなすっ飛ばして(今回のDynamiteに出演はしていた)、メインみたいとおもいます。

日本から、鈴木みのるが参戦し、”リターン(homecoming)”したジョンモクスリーと対戦しました。


・ジョンモクスリー人気


PWI 500は、
1位 ロマンレインズ、
2位 ジョンモクスリー、
というのが
私の感想。

いまだに、AEWは、ジョンモクスリーでもっている、というのが私の見方です。

そんなジョンモクスリーが、すでに日本では実現した鈴木みのる戦をしました。

AEWで一番メッセージ性の強い試合をしているのが、このジョンモクスリーですね。

WWEとは違ったプロレスのカルチャーを伝えよう、という意気込みが、試合と対戦相手から伝わってきます。


・ジョンモクスリーが勝った


パラダイムシフト!

試合は、エルボー合戦で鈴木みのるが流血した・・・などのアクシデントもありました。

最後は、ジョンモクスリーが、パラダイムシフト→フォールで勝利(上掲画像)。

番組的に、のこり時間すくなかったので、押せ押せになっているようにみえました。

無理矢理10分くらいに押し込めた感じ。

まあ”プロ”レスラーとしては、その辺、順応して当然なんでしょうけど・・・

もうちょっと見たかったですね。

鈴木みのるは、体形も動きも維持してるな~・・・

すごいな~・・・

・・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m