ASUKA vs. ベイリー(2020/7/6 RAW)

(「ExtremeRulesはサシャバンクスと対戦」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

昨日、衝撃の復活を遂げたカイリセインにつづき、ASUKAはノンタイトルながらも、ベイリーとチャンピオン対決をしました。

ちなみに、カイリセインの引退の件ですが、どうやらWWE側が乗り気のようで、或る意味、引き留め工作をしているようにおもいます。

参考:A CHANCE Kairi Sane’s reported WWE departure far from final – improved contract set to be offered

これ↑も1本の記事になりそうな内容ですが、まあ、しばらくいいでしょう。


・ASUKA vs. ベイリー


なにが気になるって、
ベイリーの相方の
サシャバンクスの薄毛が気になっているんですよ。
あんまり表立っては
指摘しない男なんですが(私が)・・・。

で、ASUKA vs. ベイリーです。

とくに、なにもない試合なんですが(←おい)・・・

・・・気になるといったら、サシャバンクスですね(上掲画像)。

チャンピオン対決といっても、ベイリーがSmackDown女子王者なのを認めているひとはいないでしょう。

キャッシュインで獲ったってこと、覚えているひとなんかいないでしょう。

まもなくベイリー1年王者ってこと?


・バックフィスト!


ゴン!

試合中、ひとつだけ気になるシーンがありました。

ASUKAのバックフィストが手加減できない仕方で、ベイリーにクリーンヒットしたのです(上掲画像)。

これについては、Cagesideseatsあたりが気づいていました。

参考:Asuka hit Bayley so hard she scared herself

ここ↑に、いろいろ動画あげられてもいるんですが・・・

・・・たしかに、直後ASUKAが、アッ!やっちゃった!!ってリアクションしています。

一応、ベイリーはだいじょうぶだったみたいです。

その後試合は続行され・・・

・・・カイリセインや、なぜかニッキークロスも巻き込んで、ちっこい娘たちが(失礼)わちゃわちゃやったあと・・・

・・・最後はASUKAが丸め込みでベイリーを下しました。

そんな感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m