Jake Paul vs Tyron Woodley

セレブリティーボクシングが
好きな国だね~・・・
(出典:Showtime)

こんばんは、ヤマガタです。

ボクシング興行って、もう客入らないんでしょうね。

サル回しみたいなセレブリティーボクシング興行ばかりになってます。

ローガンポールに、ジェイクポール(Jake Paul)っていう弟が居て、私知らなかったんですが・・・

アメリカではYouTuberとして、兄ポールとおなじく、かなり成功しています。

ボクサーとしても、3連勝中で「強い」(こういう時、英語圏のひとは ”  ” を指で表現します)と考えられています。

そのジェイクポールが、もとUFCウェルター級チャンピオン、タイロンウッドリー(Tyron Woodley)とボクシングマッチをしました。

8R制で判定アリの試合でした。


・ウッドリーが攻めあぐねた


4Rのこり1分あたり。
ここからKOにまで持っていけなかったのが、
ウッドリーのミスのひとつ。
様子をみすぎた。

試合はですね・・・

逃げ回るジェイクポールを、タイロンウッドリーが攻めあぐねた、というものでした。

体重契約的には、ジェイクポール86.18kg,  タイロンウッドリー85.95kgで、ウッドリーは言い訳できない状況でした。

参考:【BOXING】タイロン・ウッドリーがジェイク・ポールに8R、スプリット判定負け

とにかくジェイクが逃げ回って、ポコポコ当てます。

スポーツとしてのボクシングは、これが正解、ということなんでしょうか。


・逃げ回られた


結局、こうなった。

結局、逃げ回ってポコポコ当てたジェイクポールの作戦勝ちみたいなものでした。

セレブリティーボクシングは、勝った方が強者、という格闘技に反するところがあるので・・・

そのワナにウッドリーが、まんまとはまった、ということでしょうね。

そんなに面白いんかね、ポール兄弟って・・・

日本にもいますわな。似たような兄弟が・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m