王冠戴冠式(2021/6/25 SmackDown)

上昇アングルとみるか、
ミッドカード確定とみるか、
評価が分かれるところでしょう。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

今回SmackDownで、ナカムラシンスケは、ただ出てきて王冠もらって、踊っただけでした(トップ画像)。


・The Coronation of King


Kayla Braxton(アナウンサー)
「王冠取られてどうですか?」
バロンコービン(キングコービン)
「ショックを隠し切れないよ・・・」

お馬鹿アングルなんですが、だんだんWWEの演出が、それらしいものになってきて・・・

・・・途中からみると、なんかベルトをかけて戦っているようにみえるでしょうね。

すでにお伝えしたとおり、本アングルは、King of the Ringトーナメントにつながってゆく、と予想されてます。

まあ・・・

ナカムラシンスケ

キングコービン

シェイマス

・・・でセザーロと来るか、あたりが見所ですね。

セザーロは、いま出世街道継続中で、セスロリンズと抗争しています。

AJスタイルズ

キャリオンクロス(間に合うかどうかわからないが、MainEventあたりで、もう昇格の練習しているっぽい)

・・・あたりが入れば、面白いんですけどね。

とにかく、新しいものをみせてもらいたいです。

シェイマスとかは、もう古株なんで、リリース要員なんでしょうけど、たぶん、ひとあたりがよいんでしょうね。

結構、ガバナンス(企業統治)に神経とがらせているのがWWEというプロモーションの性格だとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m