ASUKAとナオミのタッグ(2021/6/21 RAW)

がんばります!
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

WWEは、なにはともあれSummerSlamで、ジョンシナがリターンするというのは、ほぼメディア間で確実視されています。

たぶん、メインは、ジョンシナ vs. ロマンレインズでしょう。

で、その前に、もう一回PPVがあって、それがMITBこと、MoneyInTheBankです。

最近、キャッシュイン影薄くなってますが、アングル作りやすいので、WWE続けているのでしょうね。

で、そのMoneyInTheBankラダーマッチ出場権をかけ、ASUKAとナオミが突貫工事タッグを組んでいました(トップ画像)。


・Doudrop


エバマリーに
デュードロップ(Doudrop)
と勝手に命名され、
困惑する
パイパーニーブン。

ASUKAたちの対戦相手は、先週デビューしたパイパーニーブンと、そのほとんどマネージャーみたいなエバマリーでした。

エバマリーは、なんか、試合しないひとっぽいね。

で、エバマリーが、パイパーニーブンを、デュードロップ(Doudrop)と新たに命名しました。

このデュードロップですが、

Doudrop

:ほかの女性に魅惑される女性(a woman who is romantically attracted to other women)

・・・という意味のスラングみたいですね。

この出典は、スラング辞書で有名なUrban Dictionaryなんですが、現在、それが以下のように書き換え、ちょっと物議を醸しています。

Doudrop
:パイパーニーブンの新しい名前。彼女は、RAWで黒人のナオミを痛みつけた。エミネムファンは大喜び。アイツら差別主義者だからさ(The rebrand of Piper Niven, she debuted on RAW on Jun 14th 2021.
Doudrop just squashed Naomi and the stans are crying because it’s “racist”)

参考:What’s the meaning of Doudrop, the name of Eva Marie’s partner?


・ASUKAたちが勝った


エバマリーの勝手さにあきれて、
デュードロップが、
タッチを拒否する。
→そのスキにナオミが丸め込みで、
ASUKA組の勝ち。

結局、試合は、ASUKAたちより、もっと突貫工事のデュードロップ組が、仲間割れして、ASUKA組が勝ちました(上掲画像)。

これで、ASUKAとナオミが、MoneyInTheBankラダーマッチ出場を決定しました。

ASUKAは、サマースラム試合組んでもらえるんでしょうかね。

リアリプリーとシャーロットのアングルのゆくえ次第なんですが・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m