パイパーニーブンとBodyShaming(2021/6/14 RAW)

向かって左から
パイパーニーブン(Piper Niven),
エバマリー(Eva Marie).
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

私、BodyShamingという英単語知らなかったんですが、

うわっ!ダラしね~カラダwww

・・・っていうのを言う差別用語として確立されているみたいですね。

参考:Body shaming(Wikipedia)

このBodyShamingが、今回(2021/6/14)、エバマリーの復帰と共にRAWデビューした(トップ画像)、パイパーニーブンを直撃した、と話題になっています。


・パイパーニーブン


みちのくドライバー!!

パイパーニーブン・・・私は、里村明衣子のおかげでNXT UKよく見てましたから、知ってました。

NXT UKをけん引した選手のひとりです。

とくに印象には残らなかったかな・・・

参考:Kay Lee Ray vs Piper Niven vs Toni Storm(YouTube)

参考:Kay Lee Ray vs Piper Niven(YouTube)

ケイリーレイの方が先に昇格するとおもっていたので、今回のパイパーニーブン昇格は、意外中の意外でした。

で、昇格してパイパーニーブン、なにやったかというと、エバマリーにくっついて出てきて・・・

エバマリーの代わりに試合をし、ナオミを秒殺しました。

みちのくドライバー→フォール(上掲画像)。

3分くらいの試合でした。


・Body Shaming


パイパーニーブンばっかり、
body shaming受けてるのっておかしくない?
ケビンオーエンズ、サモアジョー、
オーティスetc.etc…
ぜんぜんbody shaming受けてないじゃん。
ニーブンはね、才能あるナイスガールよ。
自尊心が傷つけられるってことわかってる?
まったく不思議な話だわ!

・・・で、このセグメントについて、SNS上で、BodyShamingワードが飛び交ったわけです。

・・・みてみたいですよね。

そりゃ~インターネットって、そういうところですから、ここはわたくしめの腕の見せ所です。

・・・とおもって、探しましたが、結局パイパーニーブン自身もリプライしていた、上掲ツイートしかみつかりませんでした。

ツイート主のNerd Mom Ramblesさんは、レスリング関係者で、パイパーニーブンの味方です。

ただ、文面と立ち位置から、彼女は、女性蔑視批判の一環として、今回の件(パイパーニーブンのbodyshaming)を取りあげたみたいですね。

返信をたどってゆくと、パイパーニーブンのPiperからViper(ランディオートンのこと)が連想され・・・

最近、肉体の老化が顕著なランディオートンのbody shamingに話題が移っていったのが興味ぶかかったです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m