イケメン二郎がタッグマッチ二連勝(2021/5/21 2o5 Live)

タッグパートナーは、
前回とおなじく、
オーガストグレイ(August Grey)。
このタッグに、
事前アングルはナシ。

こんばんは、ヤマガタです。

ヒデオイタミの根城だった 2o5 Live。

トザワアキラも昇格して、忍者的なことやりだしてからは、みる機会も、興味もゼロだったのですが・・・

イケメン二郎がやってきて、ひさ~びさにみてますね。

あのヒデオイタミが出ていた頃の、なんか陰湿な感じというか、客がいないというか、追いだし部屋というか・・・

そういう感じがなく(ロープもオリジナルブランドを主張する紫でなくなった)、自由気ままにやってる感じでよかったです。


・ボリウッドボーイズ


イケメン二郎の
”イケメン”ってところが、
日本独特の自虐ギャクであるのに、
まだ十分な説明がなされていない感じ。
日本で出て来た時は、
お客さん、すぐに順応していたんですが
(お笑い芸人で同様のネタするひと多かったので)・・・
アメリカ人に通じるかな?

相手は、ボリウッドボーイズでした。

ジンダーマハルの側近だったひとたちですね(当時はシンブラザーズ)。

このふたりは、WWEの重要視するインド市場要因なのでキープされてます。


・勝った


イケメンスラッシュ!!

最後は、やはりイケメン二郎が仕留めました。

イケメン二郎がクルーザーウェイトなのか、よくわからないのですが・・・

・・・とにかく、しばらくは 2o5 Liveの華として活躍するでしょうね。

関係ないですが、ヤングバックスとか、WWEに移籍した、このカテゴリ送りにされたんじゃないかな・・・・?

ケニーオメガは、活躍できたんでしょうか(WWEに移籍していたら)・・・?

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m