やはりクリスチャンひとことも喋らず(2021/3/10 Dynamite)

(「まあ、観客入ったら、ずいぶん違うんだろうが・・・」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

AEWは、REVOLUTIONで登場したクリスチャンをメインにストーリーが動き出しました。

たぶん次のオメガへの挑戦者が、クリスチャンだとおもうのですが・・・

・・・その後、ですよね。

なにすんの?

・・・まあ、ベストなのは、ジェリコのTheInnerCircleに加入することでしょうね。

・・・しっかし、ジェイクハガーとか、ルセフとか・・・どんどん肩見せまくなってゆくなあ。

・・・というか、あいかわらず生粋のAEWのスターが、いまのところオメガだけですからね。

ぶつぶつ言ってないで、どんな話だったのか見てみましょう。


・エディキングストン


エディキングストンをバカにするオメガ。

オメガというレスラーが、どんだけスゴイか、知っているアメリカ人は少ないでしょう。

なので気体のAEWでセンター張っているのが、この謎のちっこいカナダ人、というのに不満を抱いているひともいるとおもいます。

実際、今回、クリスチャンが出てもAEWの視聴率は伸びませんでした。

2021-03-10
NXT   691,000
AEW  743,000

結局、視聴率のカギは、あいかわらずジョンモクスリーでしょう。

で、今回、ケニーオメガが↓こんなマイクをしました。

オメガ「見た?見た?REVOLUTION!」

オメガ「モクスリーは、リングで寝そべって、エディキングストンに被さって助けられてやんの!」

・・・そこに怒ってエディキングストンが登場。

エディキングストンをからかっているとモクスリーも登場。

最後に、クリスチャン(ケージ)が登場。

・・・といった経緯でした。

クリスチャンの立ち位置ですが、べつにジョンモクスリーたちと合流というわけではないようです。

でも、その線もありかな。

ただ、今回もクリスチャンマイクなし。

ただ、オメガとトップ画像のにらみ合いをしたあと、ちょっとBrawl(殴り合い)をして、オメガをリング外に追いだし・・・

AEWの世界王座ベルトを手に取り、床に置く・・・という意味深な行動をしました。

・・・う~ん、まだアングルが魅力的じゃないかな、AEW。

なにか一本線の入ったストーリーをすすめないと、いつまで経ってもサプライズ頼りだとおもいます。

あと、モクスリーあたりで、新日本が絡んで来るから、やりにくいところもあるんだとおもう。

でも、新日本とAEWの協業は・・・安っぽいなあ・・・。

なんだかんだ言って、いまのところ一番恩恵を受けているのはImpactWrestlingみたいです。PPVとかで近年稀にない成功を収めているみたい。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m