仮想通貨を「使う」・・・どうやって?

(出典:DMM

こんばんは、伊田です。FXと比べて、仮想通貨の良いところはそのまま使えることでしょう。例えば、南アフリカランドをFXで買ったとしても、それ(南アフリカランド)を日本で使うことはできません。しかし、仮想通貨なら、どれだけ暴落しようとも最終的に使うことはできるのです。

でも、どこで?

すこし、調べてみました。

うんちく無しで重要事項だけ、お話ししたいと思います。


・とりあえずbitFlyerさんを選んでおけばよい。



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここ(↑)は絶対

口座開設しておくべき。

まず、仮想通貨を使うことを考えたとき、「オシャレにスマホでアプリを起動させて・・・」なんてことは考えない方が良いです。

どうでしょう。普段、銀行決済をスマホでやりますか?

私は怖くてできません。大きなお金に成ればなるほど、PC前で背筋を伸ばして・・・が基本ですよね。スマホで株やFXなんてやらないほうが良いのと同じです。

そう考えると、(スマホのアプリも開発していますけれども)やはりしっかりとしたPCの送金システムを確立しているbitFlyerさんを使うのが、間違いないでしょう。


・台風の目はAmazon。


仮想通貨で現在、使うという局面から見たとき、話が通じるのはビットコインのみです。それ以外の仮想通貨、いわゆるアルトコインでは、使うという行為自体が成立しません。理由は簡単、マイナーだからです。

さて、この「仮想通貨を使う」という行為ですが、今現在では2つが主流でしょう。

① 実際にモノやサービスを買う。

② 友達(仮想通貨トレードをしている)に送る。

後者(②)に関して言えば、bitFlyerさんのシステムを使えば間違いありません。

前者(①)に関して言えば、現在日本ではビッグカメラ、しかしそれ以上に台風の目に成っているのはAmazonです。

しかし、この件(Amazonのビットコイン決済導入)に関しては、日経レベルのメディアではいまだ取り上げられていません。

“先達”がアマゾンのビットコイン導入を予言」(日経ビジネスオンライン2017年10月12日)という記事を読みましたが、ボッタクリに近い内容でした。いまは新聞社などは、うかつなことは言わない方がよい、という美徳があるのではないでしょうか。

さて、このAmazon決済についてですが、bitFlyerさんなどは、アマゾンギフト券をビットコインで購入という形で、間接的に「Amazonのビットコイン決済導入」を実現している模様です。

いずれにせよ、現時点でAmazonでのビットコイン決済は「業界のウワサ」に留まっています。

ただ、Amazonでのビットコイン決済が実現すれば、仮想通貨バブルが訪れるのが間違いないでしょうね。仮想通貨ファンダメンタルズの最注目点とも言えます。


・coinmapは使わんよ・・・。


(出典:coinmap)

この手の話(ビットコインを使う)をするとき、かならず引き合いに出されるのが、coinmapです。

しかし、coinmapの検索結果をみてください(上掲画像)。このようなポツリポツリ・・・の状況で点在する店舗に喜び勇んで仮想通貨アプリ(ウォレット)を持参で駆け付ける輩は居るのでしょうか?

居たとしたら、ただの面白経験談づくりのためとしか思われないのですが。

・・・・・

というわけで、現状、仮想通貨(ビットコイン)を使う、という選択肢が、私にはまったく思いつきませんでした。

これは私が素人だからなのか、仮想通貨がまだまだ赤ちゃん過ぎるのか・・・。

とりあえず、私はクレジットカードで十分です。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m