【バージョン改変後】ReviveOldPostのTwitter連携とFaccebook連携について

こんばんは、編集長です。

ReviveOldPostが今年(2018年)に入り随分仕様を変えて来て、突然使えなくなったとお嘆きの方が多いと思います。

本サイトでは、Facebook関連でまず問題が発生し、以下の2記事の通り、突貫工事で済ませて来ました。

① ReviveOldPostのFacebook連携ができないあなたへ

② 【続】ReviveOldPostのFacebook連携ができないあなたへ

これで一応、問題は回避していたのですが、今度はTwitterが悲鳴を上げ始めました。

2018年6月13日以降、TwitterがCallbackURLなるものをチェックするようになったからです。

・・・またこの手の話か・・・と思った方も多いと思います。

そうです、用語法がサッパリなんですよね。


・CallbackURLとは?


ReviveOldPostでTwitterに連携しようとする時に、Twitter側から求められるようになったCallbackURL

それは何かというと、手っ取り早く言えばReviveOldPostの管理画面(ダッシュボード)の上掲画像赤矢印の部分です。

取り出すと、

https://サイト名/wp-admin/admin.php?page=TweetOldPost

となります。サイト名は、ご自分のサイトのアドレスを入れてください。コピペなら、そのまま入っているはずです。

注意すべきなのは、青線横棒で消した部分は入れないことです!!

これは、Twitterの登録画面で、後ろから一字一字消して行って「invalid」と言われなくなるまで試してみてください。

私が言いたいのはこれだけです。

その他の具体的な手続きについては、以下の三つのサイトを参照するのが良いでしょう。

① https://t-dilemma.info/reviceoldpost-twitter-callbackurl/

② https://askoma.info/2018/07/26/6657

③ https://moori.musyozoku.com/post-13768/

ちなみに、ReviveOldPostは現時点(2018/11/07)での最新バージョンver.8.12を使っています。


・Twitterが連携できれば、Facebookも応用でどうにかできる。


Twitter連携ができれば、Facebook連携も何とかなるはずです。

まず、FacebookのアプリIDapp secretを入力する点については、以前の記事を参照してください。

次に、アプリレビューがどうのこうの、というFacebookが何か審査していることについての暫定的対処方法は、この以前の記事を参照してください。

本サイトとしては、まだFacebookが完全に復活していませんが、ReviveOldPostに関して言えば、以上のやり方で何とか機能しています。

お役に立てたかどうか分かりませんが、一緒に頑張りましょう。

また何か進展があったらご報告させていただきます。

それでは。m(_ _)m