【続】WWEに渡った宝城カイリ選手-その後。その8

(「女性版ロイヤルランブル」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。ずいぶん前の話に成ってしまいましたが、2017年の11月18日、サバイバーシリーズの前日、アメリカはテキサス州ヒューストンのトヨタセンターで、NXT TakeOver: WarGamesが開催されました。本大会でカイリセイン(Kairi Sane)選手が、アスカ選手の保持していたNXT女子チャンピオンの座に挑みました。

・・・なんて、ずいぶんダラダラやってるうちにヒデオ選手もデビューするし、クラッシュオブチャンピオンズは終わるしで、時の流れは本当、速いですね。

WWEは、もう次のPPVイベント、ロイヤルランブルの準備に入っています。

何と言っても、そこで話題に成っているのは、女性版ロイヤルランブルなんですが、いまのところ参加メンバーにカイリさんの名前はありません。アスカねーさんは、しっかりゲットしているようです。というか、優勝候補らしいです。

この件についてカイリさんはツイッターでも触れてなく、ご母堂との2ショットをアップしたり、ほのぼのムードです。

レスラーなら「出たいっす!」とアピールしても良さそうなんだが。

まあ、ここら辺の奥ゆかしさが人気の秘密かも知れません。とにかく、カイリ選手のツイッターからアスカ選手のツイッターに移ると、ギャップがすごくてついて行けません・・・。

それはされたおき、前回からWAR GAMESのフェイタル4WAYの解説をやっています。続けましょう。

連載第8回目です。

以下、出典はすべてWWEです。


・カーン!


フェイタル4WAYのゴングが鳴りました!!

空位のNXTベルトを巡り、4人の選手が同時に戦います!

誰かのフォールを誰かが奪えば勝ち!!(←説明下手だな~。)

??????

エンバー選手は初めからして、はてなマーク!

・・・ていうかアンタら、4回も事前練習しだんだろ?(前回参照)


・ニッキークロス女史抹消。


ゴン!

・・・おい・・・。

口火を切ったのは、4回の事前練習で4勝した(でも当日負けた)ペイトンロイス選手でした。

その後、カイリ選手のフライングフォアアーム(Flying Forearm)(ジャンプしてエルボーする技)や、エンバー選手ののトペなど激しい技の応戦で、試合は場外乱闘に・・・!

そのとばっちりを受けたのがニッキークロス選手でした。

上掲画像の通りシャレにならない音をたてながら、エンバー選手のパワーボムを喰らってしまいます。

そしてこの後、ずーっと、ずーーーーっとニッキークロス選手は画面に出て来なくなります(負けたわけではない)。

ずっと倒れていたのでしょうか?

お茶を飲んでいたのかも知れません。


・カイリ選手中心で試合が進む!


手は相手に添えるように!

添えるように!!!

中盤戦にかけてはエンバー選手とカイリ選手とペイトン選手の三つ巴状態でした。

しかしそこで見せ場を作ったのはやはり、カイリ選手です。

微妙に優しい小橋チョップが炸裂します。

ワイルドに進化した行進!!

うぉぉぉぉぉおん!!

レインズばりに吠える!

会場が震撼する!(予想)

助走をつけて、

スライディング・・・

ディ・・・あ、

スピアか。

レインズだもんね。

(メリメリメリ・・・)


・カイリ選手はベルトを取れるか?(←しらじらしい)


こんな感じで序盤から中盤にかけて、カイリ選手中心で試合が進んで行きました。

カメラワーク的にもカイリ選手中心だったので、やはり時期チャンピオンに向けてのストーリーラインかな、とも思いました。

でも、違う結果だったんですよね。

次回は、このフェイタル4WAYの続きを更に追ってみたいと思います。

しかし最初の4、5回まで、何をダラダラとやっていたんだろう・・・。読み返してみますね。

それでは。

今回は、ここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

本編は続きます。