今頃マネーインザバンクFallOut:その1(2018/6/19アスカ選手キャッチアップ)。

(「これはエルスワース」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。すっかり遅れをとっていますが追いつく気まんまんでWWEを追っています。

みなさんには遠い記憶のかなたにあるマネーインザバンク(2018/6/17)に違いありませんが、性懲りもなく、今回はその”つづき(FallOut)”を追ってみます。つまり、2018/6/19のSmackdownです。

おせ~・・・とか言わないでね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・カメーラのマジマイク。


Smackdownの視聴率下げてんの

アンタじゃないのか?

RAWは大黒柱のロンダラウジーがいるので安泰ですが、それに対し、いまいちパッとしないのがSmackdownの女子ディビジョンです。

今回も出て来ただけでチャンネル変えられるかも知れないカメーラ(カーメラ)のマイクから始まります。

「じつは私、セルフコンフィデンスに問題があったのよ」みたいなこと話してます。

いわゆるベイリー路線のマイクですが、まあご想像の通り「そんなわけないじゃん、ガハハハハ~~・・・」というオチです。

観客盛り上がってないんだよな~・・・


・へんな動きのアスカ登場。


アスカ選手の入場曲とともに・・・

そこにアスカ選手介入、と見せかけてエルスワースが入って来ます。(くわしくはマネーインザバンクをどうぞ。)

James Ellsworthの読みがイマイチはっきりしなくて、エル「ス」ワースだと思うんですけど、各メディアはエル「ズ」ワースで行っていますね。

で、エルスワースのマイクは、案の定寒いんで、パス。

早くアスカ選手を出してくれ。

あ、出て来た。

カンカンに怒って、

何か叫んでる・・・。


・バックスピンでエルスワースを倒すが・・・。


速すぎて右足が消えている・・・

セグメント的には、アスカ選手の試合が行われることはなく、出て来て直ぐにエルスワースにバックスピン一閃(上掲画像)、しかし直後にカメーラのキックでぶっ倒れる、という展開でした。

う~ん、アスカ選手、バックスピンで相手が倒れたところにシャイニングウィザードとかやって「アスカコンボ」とか命名すれば、もっと注目集まるかも。受ける相手は危険度大だろうけれども・・・。

まあ、とりあえず王者と抗争中ってことで、いまのところアスカ選手は御の字なのでしょうか。

ひきつづき、Smackdownでの動向を追って行きましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m