紫雷イオが初戴冠(2020/6/7 NXT TakeOver: InYourHouse)

(「この後すごい紙吹雪」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWEとしては、すこしずつ育て上げたスターの原石みたいなものなんでしょうが、ここでようやくゴーサインが出たみたいで・・・

・・・ようするに紫雷イオが、ようやくNXT女子王者になりました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・トリプルスレット


観客はビニル板みたいなものの向こうに、
20~30人くらいいたのかなあ。

以前お伝えしたとおり、ここまでゆっくりたどってきたストーリーラインの総決算として、トリプルスレットが行われました。

シャーロット(王者)vs.リアリプリー(元王者)vs.紫雷イオです。

試合そのものがメインイベントで・・・

試合時間は、20分いかないくらいのものでした。


・どんな試合だった?


なにはともあれ、
シャーロット入れておけば、
その場が引き締まる。

試合は、シャーロットが盛り上げ・・・

リアリプリーが、成長をみせ・・・

紫雷イオが飛び跳ねる・・・みたいな試合展開でした。

ただ、やっぱりシャーロットかな・・・という感じです。

技術的にも存在感的にも、ひとつ上を行っている感じでした。


・紫雷イオが勝った。


ここら辺の場所取りとかも、
シャーロットの職人芸ですよね・・・。

最後は、シャーロットがフィギュアエイト(八の字固め)をやっているところに、紫雷イオがムーンサルトをキメる・・・(上掲画像)

・・・という、よくかんがえると、紫雷イオもピンポイント爆撃しなきゃなので、相当あぶないフィニッシュでした。

そのまま紫雷イオが、リアリプリーをフォールして、スリーカウント。

ついに紫雷イオが、NXT女子王者になりました。

いや~・・・ながかった!

これでようやくWWEで、ひとつ結果をのこしたことになったんですけれども、紫雷イオは、これからなんでしょうね。

・・・ヒール、やめてもいいんじゃないか?

外人ウケ的には、以前のベビーの方が、よかったようにみえます。

いずれにせよ、これから、どうNXTを引っ張ってゆくのかみものです。

ポテンシャル的には、ASUKAより上なので、じゃあ、なにすればいいの?というのがファンの視点ですが・・・

・・・どうすりゃASUKA超えられるんですかね。

とりあえず、外人がヒクようなキャラにさえならなければ、よいとおもいます。

いまのヒール、ちょっと、外人ヒイてるんだよね。

POPPYはなにしてんだ、POPPYは・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m