本人は元気そうです(2018/5/1アスカ選手キャッチアップ)。

(「むしろベッキーリンチを励ます」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。レッスルマニア34でシャーロット選手に連勝記録をストップさせられてから「アスカは終わった」「アスカは用なし」という憶測が一部ネットで飛び交いました。

通常お忙しい皆さんは、スポーツ新聞などで断片的にしか、WWEに渡った日本人選手の活躍を知ることはできませんから、連勝アングルを失ったアスカ選手を見る機会は、これから激減するのは必至でしょう。

じゃあ、あとは日本に帰って来るのを待つだけ?

そんなこともないでしょうから、コツコツとSmackdownに移籍した後のアスカ選手も追ってみることにしましょう。

バックラッシュ前、現地時間(2018年)5月1日のSmackdownです。

いやー、おそくてスミマセン・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ロッカールームにて。


アンタが落ち込むことあらへん。

先週、アスカ選手のSmackdown初戦黒星の原因となったしまったベッキーリンチ選手。

ロッカールームで何やら後悔の言葉をブツブツ言っています。

そこにアスカ選手が現れます。

わっしとベッキーの肩をつかみます。(←そのあとずっとつかみ続ける)

アスカ「フォアゲット、ラストウィーク。」

アスカ「今週は、先週の3倍がんばりまっせ・・・(英語)。」

するとシャーロット選手が出て来る。

シャーロット「気にすることないわよ。」

シャーロット「バックラッシュで私(わたくし)はベルトを取り戻すし・・・」(←できなかった

シャーロット「今夜はカメーラ(カーメラ)にレッスンを叩き込んであげるわ。」

シャーロット「なにより、リスペクト!」

シャーロット「リスペクトなの!!」

このあとベッキーがアイコニクスの悪口を言うがブリティッシュ英語なのでパス。

そして聞きやすいアスカ選手の英語。(ありがたい・・・)

アスカ「シャーロットは、クイーン。」

アスカ「私は、エンプレス。」

アスカ「ベッキーは、ストレートファイヤ!」←なの?

アスカ「まさに、”リベンジャー集結!(avengers assemble!)”ってところね。」

アスカ「イエス、イエス、イエス・・・!」

最後、ダニエルブライアンは関係ない感じでした。


・試合はアスカ選手が仕留めた。


シャーロットは、

志が高いなあ・・・。

そんなわけで、アスカ&シャーロット&ベッキーリンチ vs. ジ・アイコニクス&カメーラという3対3の試合になりました。

これがSmackdownのメインイベントでした。

女子戦だけど、お客さんも納得して盛り上がってましたね。

試合は、アスカ選手がアスカロックでペイトンロイス(ジ・アイコニクスの1人)を仕留め、見事復活を遂げています。

アスカ選手のセグメントも、観客が「おぉ~!」みたいな感じで、エンプレス(女王様)のオーラは消えてませんでした。

でも、ヒップアタックやりすぎじゃねーか?

それより、目を引いたのはシャーロット選手の活躍でした。

コーナーポストから場外に向けてのムーンサルト!(上掲画像)

これできる女子選手、WWEにほとんどいませんよね(この記事あたりで気づいた)。

やはりワンアンドオンリーのシャーロットというところか。

・・・そんな風に思ったSmackdownでした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m