トザワアキラ vs. ビアマハーン(2022/2/2 MainEvent)

ジョバー戦がつづく。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

RAWの日ですが、なんにもなかったです。

冬季オリンピックで、RAW自体も、Syfyという下位ケーブル枠に移動でした。

(参考:以下画像出典はWWEです。)


・ビアマハーン


この宣伝が(ビニエットの一種)、
RAWの間ず~っと流れていて、
メディアの嘲笑の対象になっている。

トザワアキラ・・・なにやっているか、わかりませんよね。

居ます。

とりあえず。

んで、2o5LiveとMainEventにジョバーとして出ています。

たぶん、本人もジョバーの技を磨くことに生き残りをかけているでしょう(本気で言ってます)。

そんな仕事人トザワの今回の料理素材は、ビアマハーン(Veer Mahaan)という上掲画像の選手でした。

一時期、ジンダーマハル&シャンキーのチームに居ました。

参考:Veer Mahaan(Cagematchによる試合の記録)

インド人初のメジャーリーグ投手で、その点もWWEが好きそうなキャラです。

それで、左のクローズライン(ラリアット)で、ピッチャーの名残をみせたりします。

ただ、プロレスの腕はまだまだですね。


・シスターアビゲイルっぽい


のフィニッシャーに
名前はついていない。

ビアマハーンは、さんざんトザワを痛めつけた後・・・

シスターアビゲイルみたいなフィニッシャー(上掲画像)→フォールで勝ちました。

ビアマハーンが目立つ・・・てのは、いまのロースターでは、ちょっと想像つかないですね。

WWEとしては、東アジアからインドへの市場を重視しているので・・・

・・・なにかトップスターを生みだしたいのはわかりますが、いまのところタレントゼロです。

トザワは・・・まあ、行けるところまで、という感じでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m