ナカムラシンスケのマイク(2019/11/22 SmackDown)

(「ナカムラSan!!」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

火が出るようなイベント攻勢のつづくWWE。

こんどはTakeOver:WarGamesとSurvivorSeriesです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・インターコンチネンタル新デザイン


ふつ~~に
袋から出す。

今回(2019/11/22)のSmackDownで、ナカムラシンスケはマイク出演だけでした。

マイクと言っても、ほとんど相方のサミゼインが話していたのですけれども・・・

ふたつポイントがありました。

① インターコンチネンタルベルトの模様替え。

② ナカムラシンスケがひさびさにNXTに言及。

インターコンチネンタルベルトの模様替えは当然、制作部主導なんですけれども・・・

・・・アングル的には、サミゼインが、ナカムラSanにプレゼントがあるんだぜ!みたいな感じで出すかたちになりました(上掲画像)。

WrestlingObserverも記事化しています。

参考:WWE UNVEILS NEW VERSION OF INTERCONTINENTAL TITLE


・アンディスピューテッドエラ


StareDown
(にらみあい)

もうひとつのナカムラシンスケのNXTアングルですが、SurvivorSeriesに絡めて、こんな風に話題にあがりました。

サミゼイン「ナカムラSan!」

サミゼイン「こんどのSurvivorSeriesがんばってね!」

サミゼイン「相手は、あのRAWのUS王者、AJスタイルズ!」

サミゼイン「あとNXTは・・・だれだっけ・・・?」

サミゼイン「ロデ、ロジャー、・・・?」

サミゼイン「ナカムラSan、知っている?」

ナカムラ「あ~・・・知らない。」

ナカムラ「NXTなんてもう、ブランクあるから・・・。」

・・・と、このマイクに苛立って、ロデリックストロング(NXTの北米王者)と、彼の属するアンディスピューテッドエラが出て来て、上掲画像のにらみ合い・・・

・・・というセグメントでした。

ナカムラシンスケとアダムコールは、一度ROHでの試合を記事化しています。

ときは経つもんですね。

ちなみにアンディスピューテッドエラは、ナカムラシンスケたちと試合するのではなく、その後出て来たニューデイ、ヘビーマシーナリー(←このひとたちよく知らん)とタッグマッチして勝利しています。

それにしてもナカムラシンスケの英語、やっぱり聞き取りにくいみたいですね。英語メディアでは文章化されていませんでした。

私もよくわかりませんでした。

トザワは上手いんですけどね。

ちょっとした抑揚のちがいなんだが。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m