ブレイワイアット(CrownJewel & SmackDown)

(「入場はちょうど
ナカムラシンスケのヒールターン後
みたいなアレンジがされている」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

直近(2019/11/15 SmackDown)のナカムラシンスケについての情報集めようとおもったのですが、よくわからず・・・

・・・とおりすがりに見かけたブレイワイアットの最近についてまとめてみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ダニエルブライアンに絡む。


サミゼインが
ダニエルブライアンを
勧誘しているところ、
背後から
ブレイワイアット登場。

ナカムラシンスケがサミゼインと組んで一大勢力をつくろうしていることは前回の記事でお伝えしました。

ただナカムラシンスケはフガフガしているだけで、実質的にサミゼイン主導のアングルです。

で、サミゼインは現在、ダニエルブライアン勧誘に熱心なのですが、そこに割って入ったのがブレイワイアットでした(上掲画像)。

SurvivorSeriesは、これでもってかれたみたいです。

つまり、ブレイワイアットvs.ダニエルブライアン。

う~ん・・・食指がうごかないなあ・・・

ダニエルブライアンは、対戦するとしたら、AJスタイルズとかサモアジョーでしょうね。


・ユニバーサル王者。


Falls Count Anywhere match
(どこでカウントしてもよい)

ブレイワイアットは、悪名高い(cagematch今年評価5.25で去年0.95)クラウンジュエルで、ユニバーサル王者になっています。

本サイトでは、あのレスナーの茶番試合を記事化した興行ですね。

メインでブレイワイアットは、セスロリンズのユニバーサル王者に挑戦したんですけれども・・・

・・・これが終始、画面が赤黒い・・・

・・・というわけの分からない試合でした。

最後は場外でシスターアビゲイル→フォール(上掲画像)。

WrestlingObserverの評価では、★×2みたいです(Reddit参照)。

これ、ひどかったですね。

単純に見にくかった。

ちなみにレスラーとしてのブレイワイアットの現評価はcagematchベースで7.77とそれほど叩かれていません。

私自身はブレイワイアット・・・どうでもいいレスラーですね。

感情移入ができない、へんなひと・・・といったところです。

そんなこんなで、ブレイワイアットでした。

ナカムラシンスケの情報、今回は勘弁してください。

話変わりますが、ASUKAが今度のRAWでシングルプレーヤーとして復帰し、ナタリアと試合するみたいですね(WrestlingObserverこの記事)。

やっぱり技術が評価されているんだろーなー。

ほんとうに上手いからな、あのお姉ちゃん。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m