ロイヤルランブル16日後のナカムラ選手(というよりマハルの話)。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。完全に惰性化してしまっているんですけれども、ロイヤルランブル後のナカムラ選手とアスカ選手のストーリー展開を、毎週のRAWとSmackdownの放送を見ながら追っています。


・今週もナカムラ選手の試合は無し。


(「今回はこのお膳立て」出典:WWE)

今回、現地時間2月13日火曜日放送のSmackdownでも、中邑真輔(Shinsuke Nakamura)選手の試合はありませんでした。登場もありませんでした。なんかハウスショーで世界各地を飛び回っている・・・という印象。

その代わりに行われたのが上掲画像のフェイタル5WAYのお膳立てでした。

うわ~、ファストレーンのチケット、ぜんぜん売れてないんだろうなあ・・・という臭いがプンプンします。

かんじんの流れは、こんな感じ(↓)でした。

① もともと、AJスタイルズ vs. ケビンオーエンズ vs. サミゼイントリプルスレットが、計画されていた。

② そこに、バロンコービン vs. ドルフジグラーの勝者が加入して、フェイタル4WAYに成る予定だった・・・という面白くもなんともない展開。

③ あまりにも面白くないので、ケビンオーエンズとサミゼインが、バロンコービン vs. ドルフジグラー戦を開始前にバックステージで潰してしまう。

④ いろいろあって、バロンコービン vs. ケビンオーエンズ戦、ドルフジグラー vs. サミゼインに変更。

⑤ バロンコービンとドルフジグラーがそれぞれ勝って、もともとのトリプルスレット(①)に追加。こうしてフェイタル5WAYに!!

・・・うん、ぜんぜん面白くない。


・むしろマハルにどきどきした。


(「お前まだ居たのか!」出典:WWE)

個人的には、フェイタル5WAYのお膳立ては結構どうでもよくて、ジンダーマハル(Jinder Mahal)選手がまだ健在だったのに感動しました。

実は、マハルと同じインドのスポーツキーダの投稿記事を下敷きに「マハルはもう終わった」という記事を書こうと思って、あまりにも誰も読まなさそうだったので止められた、という過去があったのですが(つい最近)。

ところがどっこい!

元気でした!マハル!!

経費削減リストラの向かい風をものともせず、シンブラザーズも健在!!


・みてください、この盛り上がらなそうな面々!!


(「おっさんの立ち話」

出典:WWEー以下同じ)

老けたランディ、柴犬グロリアス、そしてマハル・・・。

リアリティーショーを見るかのようなおっさんそろい踏みで、私自身は、この3人のマイクにどきどきしました。

まったく華々しさがない。

逆にそれが良い。

はっきり言って、男心をくすぐる。

ここに華としてタイデリンジャー氏が参加してくれれば、もうそれだけでご飯三杯は行けました・・・。(注:ホモではありません)

尊師はいまどこに?


・Smackdownは、この路線で行って欲しい。


マハル選手のマイクも長々と聞けて幸せでした。

ビジュアル的に、かなり新鮮でよかったんですけどね、オートン&ルード&マハル。

で、トップベビーに尊師デリンジャーを持ってきて、視聴率なんて全然気にしない、おっさんビジュアルでSmackdownやってくれると、カルト的な味が出ると思うんですが・・・ダメでしょうね。

「おれたちセカンドブランド!」みたいな開き直りがあると興味津々になるのは、たぶん、私が屈折しているからでしょう。

・・・・・

そんなわけで、今週もナカムラ選手はお休みでした。

AJもお休みでした。

でも2人とも、205Liveの後にせっせとダークマッチやって、ヒデオ氏やトザワ選手の集客に貢献しているみたいですよ。

美しい話だ。

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m