レスナーvs.ケインヴェラスケス(2019/10/31 Crown Jewel)

(「英語発音だと
ケインバラスカ
みたいに聞える」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

去年(2018年)から始まったWWEの中東進出。

今年もクラウンジュエル(Crown Jewel)が、サウジアラビアで開催されました(去年はこちら)。

WWEらしいバブリーというか、ベタな客よせパンダ満載(失礼)の興行だったのですが、呼び物のひとつが、現WWE王者ブロックレスナーvs.因縁の相手ケインヴェラスケス(Cain Velasquez)でした。

そこからクラウンジュエル、みてみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・これはアカン


ようするに
ケインヴェラスケスは
プロレスが
まったくできない。

名前だけ見ると豪華な試合ですが、これは酷い試合でした。

ひとことでいえば今更UWFです。

総合格闘技で目が肥えた私達には、猿芝居以外のなにものでもありませんでした。

冷静にかんがえてみれば、ケインヴェラスケスはプロレス未経験だしトレーニングも皆無だったでしょうから、ロープワークもへったくれもないわけです。

プロレス見に来ている観客に、これはなかったです。

実際、ぜんぜん反応ありませんでした。

ただのエキシビジョンマッチ。

ケインヴェラスケスは完全にスポット参戦ですね。

レスナーに箔をつけるために、おカネもらって、猿芝居しに来たのでしょう。


・レスナーが勝った


キムラロック!!

試合は、緊迫感も皆無で2分ほどエキシビジョンそのままの動きをしたあと、レスナーがキムラロックでレフェリーストップを奪い、王座防衛しました。

これは、ひどかった。

WrestlingObserverは、こういうところに1点持って来るべきだとおもうけどね。

とにかく、ケインヴェラスケスは、これでバイト終り。

故郷メキシコに道場立てる資金にでもするのでしょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m