リコシェvs.AJスタイルズ(RAW 2019/7/1)

(「やっぱりAJスタイルズは
説得力あるな~・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2019/7/2)のRAWですが、一番大きな出来事はAJスタイルズが満を持してヒールターンしたことです。

リコシェとの試合のあと、豹変したみたいです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・一旦勝ったんだが・・・。


試合開始5分くらいで
早々に
フェノメナルフォアアーム
→フォールで勝利!!
・・・にみえた。

今回のRAWで、StompingGroundsで最もよい試合をしたであろうリコシェ(Ricochet)とAJスタイルズの抗争が勃発。

リコシェのUS王座をかけて試合が行われました。

いや~リコシェ、一気にスターダムだね。

で、試合自体は、開始5分くらいでAJスタイルズが勝つのですが・・・(上掲画像)

・・・どうやらフォール時にリコシェの足がロープについていたとかついていなかったとかで、やっぱりナシということに。

んで、再戦して、リコシェが丸め込みで勝っちゃいます。


・怒るAJ!!


トップロープからの
スタイルズクラッシュ!!

理不尽な裁定に怒ったAJは、カールアンダーソンとルークギャローズをリングに呼び込み、リコシェを制裁(上掲画像)。

いわゆる”倶楽部”アングルなんですけれども、ずっと前からこれがベストだったんですよね。

ナカムラシンスケとフィンバラーの抗争もそうですけれども、WWEも外部に追い立てられて、ようやく重い腰を上げて新日本のストーリーラインを受け継ぐようなことを始めました。

・・・というわけで、すごく面白かったです。


・カールアンダーソンとルークギャローズも蘇生するしね。


TooSweetにいそしむ3人。

セスロリンズとベッキーリンチ、バロンコービンとレイシーエバンスのミックスドタッグマッチに反吐が出ていたので、このセグメントは素晴らしかったです。

ん~・・でもどうだろうね。

3対3になったとき、AJサイドの敵にはだれがなるんだろう。

ナカムラシンスケとフィンバラー、リコシェに合流してもいいとおもうんですけどね。

おもいっきり新日本ファンに媚びたアングルですけれども、それだけに馴染みやすく面白いです。

そんな風になってほしいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m