Money In The Bank 2019④:シャーロットのよさが際立つ

(「むっちゃ笑顔」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ベッキーリンチの試合のつづきです。

(MoneyInTheBank概観はこちら。)

(以下、画像出典はWWEです。)


・すぐにシャーロットが出て来て試合。


レイシ―エバンスとベッキーの
せせこましい試合のあと
シャーロットの動きみると
目が覚める覚める!!

試合自体、ベッキーリンチは連続で防衛しなければならないわけではなかったようです。(私も毎週あのなっがいWWEの放送全部みているわけではないので。)

でも、レイシ―エバンス戦が終えて、では帰りましょっか・・・よっこいしょ、とベッキーリンチが花道を引き返そうとしたところで、満面の笑みでシャーロットが登場!!

マジかよ・・・というローテンションのベッキーを横目に非常のベル(ゴング)が鳴らされます。

しかし、あれですよね。

シャーロットって、やはり女子デビジョンではズバ抜けていいレスラーですよね。

デカいってのがすごいし(180cmある)、均整がとれたプロポーションしてるっていうのもあるし、美人だし・・・。

あと足がすんげえ長いんですよ、このひと。


・シャーロットが勝った。


レイシ―エバンスが介入!!

ただ、試合自体はシャーロットによる一方的な展開だったかというと、そうでもなくて、7分くらいは続いていました。

試合も最後、ベッキーリンチが優勢になるのですが、なぜかレイシ―エバンスが介入し右グーパンチ(Women’sRight)!

そのあと場外カウントをとられていたシャーロットが戻り、どうみてもベッキーリンチがバク宙で交わしているようにしかみえないビックブーツ一閃!!

最後はフォールでシャーロットがSD女子王座に返り咲きました。

・・・でも問題は次なんですよね。

次の記事まで引っ張らせてください。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m