危険すぎる205Live(閲覧注意)。

(「個人的に応援しているアリ」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。205Live関係の情報を漁っていたら、ムスタファアリ(Mustafa Ali)選手のシャレにならない事故情報がゴロゴロ出て来たので、みなさんとシェアしようかな、と思った次第です・・・。

(以下、大方画像出典はWWEです。)


1発目:バリバリ頭部縫う。


WWEはヨーロッパツアー中ですが、5月19日のフランスパリ公演、セドリックアレクサンダー戦で、アリ選手は上掲画像のとおり、頭部を縫う大ケガをしたみたいです・・・。

E-Wreselingのレビューによれば、これ(アレクサンダーvs.アリ)が本公演でのベストマッチだったとか。

どんな試合だったんだろう・・・。


2発目:ガチで意識喪失。


後頭部をグラックに強打され、

完全に意識を失います・・・。

これも脳内出血で死んじゃうんじゃないかってくらい危険な場面です。

時期的には去年、2017年5月の出来事で、そのためかアリ選手のコスチュームも旧式なのですが、それにしてもプロレスがいかに危険なスポーツか、ひと目で分かる映像ですね・・・。


3発目:これも事故か。


ミッキーの毒牙にかかる。

ヨーロッパツアーでの休暇の写真でしょう。

覚悟はしてましたが、ミッキージェームズのすっぴんはキツイ(あ、化粧してるか)。

若い男に飢えるミッキーの餌食になっているアリさんでした。(ちなみにミッキーさんは、Nicholas Aldisさんという旦那さんがいます。)


・というお話でした。


メイクしたミッキー(向かって左)。

3発目が一番閲覧注意と言うつもりはないですけれども、前2発は本当にシャレになってないと思います。

アリ選手にはもうワンステップもツーステップもアップして205Liveを引っ張って行ってもらわなきゃなので、無理すんなよーというのが感想です。

プロレスって本当、危険ですよね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m