世界から見た日本のプロレスの評価ーその2。(ヒデオ選手評価動向)

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。前回から、ずいぶん間の空いてしまった本連載(世界から見た日本のプロレスの評価)ですが、私自身、じつはずっとCagematch(ケージマッチ)自体はチェックしていました。しかし、なかなか動きが無かったんですよね。

Cagematch自体は活発に更新しているのですけれども、私が注目していた項目に動向が見られなかっただけです。

その項目とは、ヒデオイタミ選手の評価です。


・注目を失いつつあるヒデオイタミ選手。


現在、Cagematchでのヒデオイタミ選手の評価は、9.1879位と、非常に高いものと成っています(見方など、追って説明出来たらと思います)。

ただ、変化が無いのです。

私が節目としてCagematchを訪れたのは、次の2つの時でした。

① 205Liveデビュー(RAWにて、2017年12月18日)。

② トザワ選手とのタッグ(205Live、2018年3月6日)。

しかし、Cagematchでコメントが動くことはまったくありませんでした。

2017年11月7日の次の肯定的なコメントを最後に、ヒデオイタミについて書いているひとは居ません。

ヒデオイタミの評価は、10(満点)だね。

遠回りしたけど、ヒデオは良くなって来た。ボビールードやアリスターブラックとの試合は良かった。

billyfox188 wrote on 07.11.2017:
[10.0] “Well it took some time, but Hideo Itami is finally on his way to getting back to being the KENTA of the 2000s in NXT. Two great matches with Roode and Black, I hope he gets a good push soon. He’s just as good as ever.”

いつの話してんだ、って感じですよね。


・ヒデオ選手の退団を待つコミュニティー。


ヒデオ選手には悪いですが、ヒデオ選手に対する興味は、プロレスコミュニティーのなかでは急速に失われつつあります。

安倍政権ではありませんが、一旦傾いた船は、そう容易く立て直せるものではなく、「ウワサが現実に成るまで」周囲は暗躍するのみと成ります。

ヒデオ選手の場合、そのウワサとは、残念ながらWWE退団です。ヒデオ選手のファンは今私を引っ叩きたいと思っているかも知れませんが、メディアなりコミュニティーが待っているのは、明らかにそれ(WWE退団)なのです。

例えば直近では、やっぱり、ItsOver騒動でしょうね。

また、ヒデオ選手の現在の見てくれ(外見や体格)は、あきらかにWWEで許容されるものではありません。

最早自主退団して、ROHや、ImpactWrestlingに活動の場を移した方が良いのではないでしょうか。ノアを辞めた石森太二選手と合流でも良いのではないでしょうか。

・・・それにしても、この記事で扱ったレスリングオブザーバーの「ヒデオ選手昇格後の205Liveの展開予想」は、おそろしく当たってませんでしたね。

TheDirtySheetsを筆頭に、レスリングオブザーバー叩きがすごいのも、なんだが業界再編みたいで、くわばらくわばら・・・といった感じです。

・・・・・

話がズレてしまいました。

今回は、ここまでです。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m