アスカを叩いてはいけない。その6

(「サバイバーシリーズも見てね」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。日本のマット界では「華名(カナ)」、WWEでは「ASUKA」で活躍しているアスカ選手が、ついにNXTから昇格し、2017年10月22日、RAWブランドのTLC(テーブルラダーチェアー)大会でデヴューしました。

世間の移り変わりは早いもので、もうサバイバーシリーズの季節がやって来ました。・・・というかWWE、イベントやりすぎです。

2017年11月19日開催のサバイバーシリーズでは、RAWの選手と、Smackdownの選手の対抗戦が行われます。いうなれば、歌合戦ですね(←ちゃんと考えて書け)。

そんなサバイバーシリーズに、われらがアスカ選手も出場します。

アスカ選手はRAWサイドの選手として、第4試合の5対5のタッグ(?)マッチに出場します。

シングルじゃないのか、残念!

そんな展開が速過ぎるガツガツ団体WWEですが、私達はアスカ選手のデヴュー戦をゆっくりと辿っています。ガツガツは消化に悪いですからね(←だからちゃんと言葉を選べ)。

では、はりきって行きましょう。

連載第6回目です。

(以下、画像出典はすべてWWEです。)


・ゴング!!


カーン・・・っておい。

お面取りに時間を掛けすぎたからか、この試合、各選手紹介も無く、アスカ選手入場で直ぐにゴングでした。

しかし、お面取りでご満悦のアスカ選手は気にしません。不敵な笑みを浮かべたまま、ファイティングポーズを取ります。

軽快なフットワーク!

タンッタンッ・・・エマ選手との距離を縮めて行きます。

縮めて行きます。

慎重に・・・。

さすが百戦錬磨のアスカねえさ・・・

バチコーン!!


・バチコーン多すぎじゃないですか?


参考「ヒデオ氏のバチーコン

(被害者:グロリアス柴犬

なんか最近、やたらWWEでビンタ攻撃が目立っている様に見えるのは気のせいでしょうか。

演出家がレスラーに見切りをつけたときにビンタ攻撃が出るような気がして、空(そら)恐ろしいのですが・・・。


・闘志に火がともる!!


おっしゃー!!!!

「そうかい、そうかい!!」

アスカ選手の闘志に火がともります。道頓堀でスナック100軒くらい経営してそうなママさんの表情に変わります。

だいじょうぶか、エマ?

生きて帰れるか?

いや、もう居ないのか・・・。(エマ選手突然解雇については、この回をどうぞ。←宣伝中)


・でも実は前半、エマ優勢だった。


正直、ここからアスカ選手がエマ選手をボッコボコにして、ゴールドバーグ選手よろしく5分位でエマ選手を再起不能にした方が、ストーリーラインとしては良かったと思います。

(ゴールドバーグ選手とアスカ選手の類似性については、この回をどうぞ。←宣伝中)

しかし、実際の試合展開はその逆、エマ選手優勢で進みました。

これにより、アスカ選手が弱く見えてしまったことは否めません。

結局、この展開のキレの悪さが、後に、本デヴュー戦におけるアスカ選手に対するバッシングに繋がったと言えます。

とにかく、なぜかダラダラとエマ選手の猛攻が続きます。

Enough!!

これはアタシのショーなの!

バーン!!

エマ選手がアスカ選手の髪を引っ張って

リングに叩きつける!!!

アスカ「いってぇぇええ・・・」

審判「仲良くしなきゃダメだろ!」


・エマのヒールなラッシュ!


コーナーポストに逆さ吊り!

アスカ「ぐえぇぇぇえ・・・

今度はリングから降りて、

アスカの髪を引っ張る!!

エマ「ア、タ、シ、のショーなの!」

アスカ「ぐぇぇぇぇえええ!!

審判「だから仲良くしろ!」

エマ「アタシのショー!!

バキバキ!!

ガンガンガン!!

審判「仲良くッ!!!」

アスカ選手、だいじょうぶか?

つづきます!