Noir Désir(ノワールデジール)について その1

(画像出典:last.fm)

こんばんは、みゅじ子です。Noir Désir(ノワールデジール)の名は、日本のフランス好きな方々の間では広く知れ渡っている様です。フランスのU2(ユーツー)と呼ばれ、数々の栄光を手に入れたバンドも、ボーカルのBertrand Cantat(ベルトランカンタ)の愛人殴打殺人を決定的な契機として解散に向かって行きました。

本連載では、それでもフランスを代表するバンドに相応しい彼らの作品に触れてみたいと思います。

連載第1回目です。


・メンバー紹介


とは言え、Noir Désir(ノワールデジール)って何・・・?という方も居られるでしょうから、まずはバンドメンバーを紹介して行きたいと思います。

すこし話が逸れますけれども、なぜ、Noir DésirあってDésir Noirでないのか、ということはワタシ、未だに理解していません。ワタシが持っているようなフランス語の辞書では、noirを名詞の前に置く、という用法は載っていません。

「Film Noir(フィルムノワール)」なんて言い方をするように、基本noirは名詞の後ろなのですよ、ね・・・?(ちなみにFilm Noirは1950年代のアメリカの退廃的な白黒映画のことを指します。)

premier(英語のfirst)だと普通、名詞の前ですが、後ろに置く特殊な用法もあってその時は「根本の」という意味に成る、という用語法があります。

一度、同じくフランス語を学んでいる外人の方(フランス人ではない)に質問してみたのですが、「オシャレだからでしょ?」とあっさり返されました。フランス人の方と話す機会があっても、折よくこの話題を出せる時がありません。分かったら、またご報告しますね。

あ、ちなみにNoir Désirは「黒い欲望」という意味です。フランスっぽいですね。では、メンバー紹介行きましょう。


ボーカル:Bertrand Cantat(ベルトランカンタ)


(画像出典:Apostrophe45

何はともあれNoir Désirの顔です。1964年生まれ。なるべく元気のよい自信満々の頃の写真を探して上のものにしました。

勝手に、彼らが1992年にリリースした4枚目のアルバムTostaky (トスタキ-画像下)のころの写真だと思っています。


男らしいですね!


・ここまで来たのだから1曲


まだボーカルしか紹介してないのですが、Tostaky(トスタキ)まで話題に出たので、そこから1曲聴いて、何かとフランス的な暗さをまとってしまったNoir Désirのイメージを一新しておきたいと思います。

Tostaky(トスタキ)の2曲目の「Ici Paris(イシパリ-ここ、パリで)」です。


歌詞は結構どうでもいいです。

いー・・・いーーーしぃーーーーーぱぁありぃぃーーーーーーーーーーーー・・・!!」というところだけハモってください。

ただワタシはこれやって何度も喉痛めましたので、ご注意を。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

本編は、つづきます。