Noir Désir(ノワールデジール)について その4

(画像出典:last.fm)

こんばんは、みゅじ子です。フランスのロックバンドNoir Désir(ノワールデジール)のご紹介をさせて頂いてます。

前回は、ベースのロイさんについてお話ししました。

今回はドラムのバルトさんについてお話ししたいと思います。

連載第4回目です。


ドラム:デニス・バルト(Denis Barthe)


(クリックで該当記事に移動します)

ノワールデジール解散をマスコミに伝えたのが、この画像左でインタヴューを受けているドラムのデニスバルト(Denis Barthe)さんでした。

前回扱ったリベラシオン紙の記事によれば、バルトさんはこんな風に、淡々と、語ったと言われています。

ノワールデジールは、もう解散したよ。なに、世界の終わりってわけじゃないさ・・・。
«Noir Désir, c’est terminé … Ce n’est pas la fin du monde.»»

感傷に浸るところは無かったみたいです。


・暴露本の登場


ただ、上掲画像は解散インタビューの場面ではなくて、ノワールデジール解散後に書かれた暴露本(上掲画像)について彼がマスコミからインタビューを受けた時の一幕の様です。

暴露本の題名は「ノワールデジール―表と裏(Noir Désir à l’envers, à l’endroit)」。

マルク・ベス(Marc Besse←名前だと「ク」と発音するみたいです)さんというジャーナリストが書いたみたいです。

表と裏」…そのままじゃん、という感じもしますが、ノワールデジールには同じ題名の曲があり、それにちなんで付けられた題名の様です。


(ノワールデジール「表と裏」)

後期の曲ですね。プロモーションビデオはイマイチですけど、曲はやはり、素晴らしいこの時期の彼らのセンスはズバ抜けてますね。

ワタシは悶絶する(するなよ)ほど好きです。

・・・で、上掲の暴露本の話に戻りますが、その本の中でノワールデジールの解散の経緯について、主な情報源がドラムのバルトさんに帰せられていたみたいです。

それについて、バルトさんは「あの暴露本のなかのオレの発言はみんなウソっぱちだ」と全否定(démentir)したわけです。その場面が冒頭の画像に成ります。

・・・

今回は、ここまでです。

ロイさんの前のベーシスト、Frédéric Vidalencさんの紹介もしたいですけれども、次回からは彼らの曲に入りたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m