解散してしまったミクロボーイ(mikroboy):その1。

(画像出典:MikroboyTV

こんばんは、みゅじ子です。ドイツ語のロックは、なかなか良いバンドが見つからないと思います。これは「ドイツ語で音楽、それもクラシックではなくポップミュージックが聴きたい」と思ったひとが皆ぶつかる壁、そうドイツ語のダサさが原因だと言えるでしょう。

そんななかワタシがいいな、と思ったのが、これからご紹介させていただく、ミクロボーイ(以下、mikroboy)です。

残念ながら、すでに解散してしまったバンドです。2016年まで活動していました。


・インディーズのバンド。


(画像出典:MikroboyTV

インディーズのバンドでした。なので、ここまで紹介して来たドイツのミュージシャン、clueso(クリューゾ)casper(キャスパー)elif(エリフ)などと比べると少々マイナーな存在でした。

メンバーは上掲画像、向かって左から、

・Anneli Bentler(シンセサイザー:紅一点)

・Michael Ludes(ボーカル、ギター)

・Dominik Müller(ドラム ”Schlagzeug”って言います)

・Kai Steffen Müller(ベース)

・・・なんですが、1枚目のアルバム Nennt Es, Wie Ihr Wollt! リリース後、シンセサイザーの女性Anneli Bentlerは脱退、ドラムのDominik Müllerは交代しています。


・次に、3人編成。


(出典:Wikipedia)

2枚目のアルバム Eine Frage Der Zeit では、3人編成に成ります。

向かって左から、

・Tobias Noormann(ドラム)

・Michael Ludes(ボーカル、ギター)

・Kai Steffen Müller(ベース)

・・・ワタシは、この3人編成時のmikroboyが一番好きでした。


・最後に4人メンバー。


(クリックで移動します)

しかし3枚目のラストアルバム Leicht では、4人編成に戻ります。

向かって左から2人目のかたが新規加入メンバーだったのですけれども、いろいり調べた挙句、まだ誰か分かっていません。分かり次第、本記事に追加します。

残りの3人は2枚目を作った時と同じです。

バンドは、この Leicht を最後にバンドを解散しています。解散は、下記のFacebook投稿によってファンに知らされたみたいです。


2016年4月29日の日付と成っています。

ワタシ、本記事を書くまで、mikroboy解散していたとは知らなかったので、調べて解散を知り、ビックリしたと同時に、とても寂しい気分に成りました。

今回は淡々とした紹介に成ってしまいましたが、次回から、このバンドの魅力をお伝えして行きたいと思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m