YouTube 24/7 LiveStreaming のやり方②:OBSセッティング

24/7 Live Streamingの例
(出典:この記事

こんばんは、みゅじ子です。

前回の記事のつづきです。


・OBS Studioのセッティング


通常のOBS Studioのセッティング(出力)

通常のOBS Studioのセッティング(映像)

OBS Studioのセッティングで肝心なのは、上掲2項目、すなわち出力映像だといえます。

お手元のPCの場合、上掲画像のようなセッティングで、きれいな画像(ネット上で”ヌルヌル”と言われる)でライブ配信できるはずです。


・24/7でのセッティング


遠隔操作したクラウド上のシステム(VPS Windows)
でのOBSセッテイング。
ビットレートが、1700→800に激減されている。

おなじく映像のセッティング。
解像度が激しく下げられている。

いま、振り返りながら、すこしずつ思いだしているのですが・・・

24/7で、レンタルVPSを最低値段(2コア, 2GB, 50GB, 2200円/月)でストリームさせるために・・・

動画をトレードオフ(相殺的に犠牲にする)かたちで、音楽だけ残したような気がします。

その結果が、上掲画像の悲惨なエンコード(OBS)設定です。

動画はもや~・・・としたボロボロのものでした。

当時のキャプチャ(画像)ないか探したけど、ありませんでした。

・・・まあ、以上でとりあえず 24/7 Live Streamingの仕組みは、伝わったとおもいます。

私共は、YouTubeチャンネル収益化とともに24/7 Live Streamingは終了させました(streamingの音楽に著作権が引っかかる場合が多かったため)。

とりあえず詳しいセッティングは、キャプチャのかたちで残しておいたのですが・・・その一部が上掲画像になります。

再開は、しないかな。

おもったより面白くなかった、というのが感想です。

おなじ感想で、止めて行ったLive Streamingは結構あるようです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m