ロマンレインズ vs. ジョンシナ→ブロックレスナー(2021/8/21 SummerSlam)

STF !!
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

サマースラム、なんとか通常開催できましたね。

ネバダ州のAllegiant Stadiumというキャパ65,000人の大会場で、入りは51,326人だったみたいです。

コロナ禍ではベストな観客動員数だったでしょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ジョンシナ vs. ロマンレインズ


コーナーポストからのAA !!
(Attitude Adjustment = お仕置き)

メインは、ロマンレインズ vs. ジョンシナのユニバーサル王座戦でした。

最近のシナのマイクの好調さから、シナが獲ってもいいんじゃないか・・・

・・・と、私はおもっていたんですが・・・

ロマンレインズが、試合直前に、オレは負けたらWWE辞めるってフラグ立てちゃったんですよね。

なので、ロマンレインズ防衛でした。

最後は、スピア→フォール。

20分ちょっとでした。

試合はね~・・・期待してたラインを、下回っちゃった。

理由は、たがいに手持ちの技ないんですよね。

シナ・・・①YouCan’tSeeMe→ナックル, ②AA, ③STF.

ロマンレインズ・・・①ギロチンチョーク, ②スーパーマンパンチ, ③スピア.

ようするに、ふつうのプロレスの試合で期待している、ブレンバスターとか、バックドロップみたいな、オーソドックスな攻防がないから、なんか見ごたえない。

会場は盛り上がってましたけど・・・ちょっと、新日本プロレス視点から言うと、もうちょっとがんばれや、という感じがしました。

みんなそうおもってんじゃないかな・・・

Cagematch: John Cena vs. Roman Reigns  7.16

・・・おもったより高得点でした(2021/8/22日本時間)。

ただ、SummerSlam自体の得点は、4.87 でものすごく辛口評価(2021/8/22日本時間)。

むしろ、見るに耐えたのは、シナ(vs.ロマンレインズ)とエッジ(vs.セスロリンズ)の試合だ・・・という論調ですね(Cagematchが)。


・ブロックレスナーリターン


仙人キャラにイメチェン。

不発だったシナの試合は、最後にブロックレスナーがサプライズリターンすることで、払拭されました。

レスナーのプロレスも、あんまり面白くないんだけどね・・・。

しばらく、WWEは、このレスナーと、ロマンレインズの抗争で、ストーリーラインを組むのでしょう。

ジョンシナは、これで終りなのかな・・・?

まあ、ポールヘイマンが一番喜んでいるアングルでしょう。

WWEそのものは、いま、若くてデカい、新しいスターをつくるのに専念しなきゃならないところに来ているとおもいます。

NXTが気が付いたら、ちっこいのでまとめられていたので(アダムコール、ジョニーガルガノなど)・・・

はやくエッジみたいなの見つけなきゃですね。

プリティデドリー(Pretty Deadly)のふたりとか、いいとおもうんですけどね。

・・・ああ、でも180cm と 185cmか・・・。

むずかしいね~・・・

デュークハドソン(Duke Hudson)とか?あんま、スター性ないぞ・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m