一回戦敗退(2021/7/13 NXT)

デカいんですよ・・・
とにかく、相手が・・・
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

イケメン二郎は、2o5Live所属ながら、NXTのBreakOutトーナメントに出場しました(他サイトこの記事)。

一回戦の相手は、デュークハドソン(Duke Hudson)という身長 196 cm もあるレスラーだったため・・・

負けました。

参考:Brendan Vink(デュークハドソンのこと, Wikpedia英語)

たぶん、WWEは、このデュークハドソン、はやめに昇格させたいんだとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・イケメン二郎プッシュの声もあり


タランチュラ(tarantula)!!
師であるTAJIRIへの
オマージュみたい。

今回のイケメン二郎の敗戦に対し、WrestlingObserverは異議を唱えています。

コイツ(デュークハドソン)じゃないんだよなあ・・・。

イケメン二郎いいじゃん!

なんで彼、勝たせないの!?

デュークハドソンも、いいレスラーだよ。

たしかに試合を支配してたよ。

でも、コイツじゃないだろ~・・・。

The wrong guy won in this match. Jiro is awesome! He totally should have won. Hudson was okay I guess. He looked dominate at times, but whatever. The wrong guy won.

まあ、WrestlingObserver自体が親日ですからね・・・。


・デュークハドソンでよかったとおもう


Winds of Change !!
ラリアートっぽく
相手を吸収して、
身体をひねらせながら
相手をリングに叩きつける!
・・・なんていうの?
こういうムーブ・・・。

ただ、私は、WWEはデュークハドソン、プッシュしたいんだとおもいます。

これからライブオーディエンス入れて、スタジアム興行するのに、2m近い、それでいて若いレスラーが必要のはずです。

デュークハドソンは四肢のつり合いが取れて見栄えもいい。

ちょっと、レスリング技術が足らず、もったりした動きなのが弱点なのですが・・・

・・・そこをNXT時代に早めに修正して、昇格、即戦力・・・が求められているのでしょう。

・・・できなかったら、クビ。

いつもの残酷運営ですね・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m