target=”_blank” 削除方法

こんばんは、編集長です。

アフィリエイトのコードにある target=”_blank” 削除が、メディア(サイト)運営者のあいだで話題になっています。

私のところにも、こういった通知が来ました。

バナーコード内に  target=”_blank” を含めることで下記の事象が発生するという情報を確認したため、新規発行いただく画像バナーとテキストバナーから target=”_blank” を削除いたしました。

順次 target=”_blank” を含まない新形式への貼り換えを推奨いたします。
以前の target=”_blank” を含むバナーコードも引き続きご利用いただけますが、その場合は、rel属性に noopener の付与を推奨いたします。

これは、広告コードの改変に該当しないとみなします。

ようするに・・・

① target=”_blank” をリンクコードから取ってね。

② 取らなくてもいいけど、rel属性に noopener の付与して。

③ これはコード改変にしないから大丈夫。

・・・まあ、②なんか当然知らんので、①一択ですね。

注意1

以下の話は、WORDPRESS限定です。プラグインなど、基本用語を知っているひとを対象としています。

注意2

ダブルクオテーション ”  “ については、以下にも触れられる通り、神経質な問題があるので、コピペせず半角ダブクオテーションをご自分で打ってご使用ください。


・UpdraftPlus Backup → Search Regex


データバックアップしろ、
と脅されるので、
Updraftでバックアップ。

当然、コードの張替えなんぞ知らないのですが、はるか昔につかった Search Regex というプラグインを、ここでは使用します。

このプラグイン、めちゃくちゃ役に立ちます。

ここでは、まず上掲画像のとおり、検索のところに、target=”_blank” と入れて検索してみてください。

注意

target=”_blank”  は、ご自分のサイトのテキスト文章からコピペした方がいいとおもいます。結構、ネットコピペだと反応しないことがあります。

追記

どうやら ”    ” (半角 ダブルクオテーション) と ”  ”(全角ダブルクオテーション)の違いに敏感に反応するようです。サイトの仕様で、ここには反映されていませんが、ご自分で打ってご確認ください!

そうすると、本サイトでは 480個みつかりました。

パターン1 target=”_blank”  rel=”noopener”

パターン2 target=”_blank”  rel=”nofollow noopener”

この2パターンですね。

なので、それぞれコピペで、削除でいいとおもいます(こういう文章で”おもいます”はダメなんですが)。

削除するには、Search Regex で

作業1

検索 target=”_blank”  rel=”noopener”

置換 rel=”nofollow”

と、

作業2

検索 target=”_blank”  rel=”nofollow noopener”

置換 rel=”nofollow”

の2回でいいみたいですね。

置換は rel=”nofollow” 入れた方がいいみたいです。

参考:https://makingsenseofincome.com/targetblankdelete/

参考:https://affiplan.com/target-blank-problem-wordpress-sirius/

作業を始める前に、次を試すことをおススメします。

Updraft(保存プラグインの定番) で保存。

テキトーな記事でテキスト内にある target=”_blank” を実際に取って、リンクが機能するか確かめてみる。

以上です。

では、生還を祈ります。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m