著作権侵害の申し立て②:Muserk Rights Management

こんばんは、みゅじ娘です。

YouTubeで、音楽の著作権侵害の申し立てをしてくる会社について調べています。


・Content ID


YouTubeで、音楽の著作権侵害の申し立てを受ける場合、自動的に検知されることが大半で、Content IDというプログラムによる・・・

・・・というのは、ユーチューバーやっていれば自然とみにつく知識です。

動画だと、ContentIDは正確なのでですが、音楽だと、かなり幅があります。

幅がある、というのは、つぎのような違いがある、ということです。

正確:単純にCD化されているような音源を音楽で使ってしまったため、Content ID経由で、著作権侵害の申し立てがくる。

悪質:音楽といえどもデジタル信号だから、その次元で、ただ似ている、というだけで、Content ID経由で、著作権侵害の申し立てがくる。

ネット上で騒いでいるのは、たいてい、この悪質な場合です。

前回ご紹介したSony ATV Publishingは、正確な方の会社です。なので、それは確信犯的にやった自分が悪い・・・と泣き寝入りすることになります。

しかし、デジタル信号であることを悪用して、ありとあらゆる音楽にイチャモンつけてくる会社もあるわけです。

今回ご紹介するミュザーク(Muserk Rights Management)は、その類ですね。


・Muserk Rights Management


すぐPCがビジーになるので訪問は控えた方がいいかも。

ミュザーク(Muserk Rights Management)ですが、おそらく、みなさんがYouTubeで音楽の著作権侵害の申し立てを最も多く受ける会社でしょう。

これはSony ATV Publishingのような音楽出版社ではないですね。

著作権、著作隣接権、両方にまたがる仕方で、使用料を回収する代行業者です。

特徴がひとつあって、ネット上のそれに特化しています。

しかも、もっと目立つ特徴があって、それは、 JASRAC(日本音楽著作権協会)が委託している、ということです。

JASRAC(日本音楽著作権協会)なんてYouTube上では、なんの仕事もしていないようにみえますが(いちばん怖いのはRIAJ)・・・

例の包括的利用許諾契約で、JASRACは、国内の著作権をYouTubeに対し放棄しているわけです。

JASRACのした仕事は、これ(包括的利用許諾契約)だけです。

しかし、それは国内だけですよね。

国外について、JASRACは、べつの対策をとっているわけです。

それが、ミュザーク(Muserk Rights Management)への完全業務委託となります。

JASRACの説明を読みましょう。

JASRAC は YouTube と包括的な契約を結んでいるのに、なぜ Muserk 社に委託するのですか。

JASRAC と YouTube(Google)とは、JASRAC 管理楽曲を収録した動画の日本向け公開と日本国内における YouTube の視聴等について包括契約を締結しています。

JASRAC の管理する国内楽曲を収録した動画の海外向け公開と海外からの視聴については、JASRAC が管理を委託する外国団体が管理します。

米国内の利用については、Muserk 社(Muserk Rights Management)に録音権の管理を委託しています。Muserk社が徴収した使用料は JASRAC が作詞家、作曲家、音楽出版社等の権利者へ分配します。


・ガバガバ管理


ここまで読むと、ミュザーク(Muserk Rights Management)JASRACから委託された正当な著作権申立人にみえます。

しかし・・・ユーチューバーやってみればわかるとおり、体感的には、ぜんぜんそうじゃないですよね。

デジタル化した音源ありとあらゆるものに類似している、というだけで、著作権侵害の申し立てをしてきます。

ミュザークの言いがかりに対し異議申し立てすることは、非常に時間がかかります。ワタシやったことがあるのですが、3か月以上かかりました(この件については別の機会に)。

なので、ありとあらゆる動画に絡んで来るミュザーク(Muserk Rights Management)は、ほんとうに、うっとおしいわけです。

・・・というわけで、YouTubeで、音楽の著作権侵害の申し立てをしてくる会社で悪質なものの第1号が、ミュザーク(Muserk Rights Management)となります。

この会社・・・消えてほしいですね。

ユーチューバーのかたがたは、みな、そうおもっているとおもいます。

ようするに、パクリ疑惑があれば、即パクリ決定と言いがかりをつけてくる変なアーティストみたいな会社です。

草の根運動で、なんとかならないものでしょうか。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m