今回(2018/3/28)の利下げとSARB:その2「インフレターゲット」。

(出典:Wikipedia)

こんばんは、品川です。SARB(The South African Reserve Bank 南アフリカ準備銀行)が、(2018年)3月28日、0.25ポイントの利下げを敢行しました。

本記事では、その背景と成ったファンダメンタルズを、中銀総裁の声明を中心に、追ってみたいと思います。

前回、現SARB総裁のレセチャハニャホ(Lesetja Kganyago)氏を軽くご紹介しました。ただ、本連載の目的は、ハニャホ総裁の人物像ではなく、彼の目を通した内部からの南アフリカの状況把握です。

早速、今回のハニャホ氏の声明文を読んでみましょう。


・出だし:インフレターゲット。


金融政策委員会声明

SARB総裁レセチャハニャホ

STATEMENT OF THE MONETARY POLICY COMMITTEE
Issued by Lesetja Kganyago, Governor of the South African Reserve Bank

以前の金融政策委員会会合時に比べ、インフレ展望へのリスクは幾分緩和されている。

Since the previous meeting of the Monetary Policy Committee (MPC), the risks to the inflation outlook have subsided somewhat.

直近数か月におけるインフレ率は、インフレターゲット圏内に上手く収まっている。それは貨幣流通量の減少を示しているようにも見えるけれども。

Inflation outcomes in recent months have remained well within the inflation target band, although this likely represents the low point of the current cycle.

インフレと言うと、どうしても「貨幣価値の低下」を連想してしまいますけれども、単純に「需要に裏付けられた物価上昇で、市中の購買意欲の増加」と受け取ることもできます。

上掲の文章でハニャホ総裁が口にしている「インフレ」とは、この後者の意味「需要に裏付けられた物価上昇で、市中の購買意欲の増加」のポジティブな意味が強く、この「良い経済現象としてのインフレ」が、当面の後退懸念(インフレ展望へのリスク)を回避した、めでたしめでたし、と言っているわけです。


・そもそもインフレとは?


以上の話を理解する前に、そもそもインフレ(―ション inflation)とは何ぞや、ということですが、SARBのホームページを見たところ、「消費者物価指数(Consumer Price Index, CPI)」が使われているみたいです。

JACCSさんの説明を引用します。

例えば、あるモノの値段が2010年で3万円だったのに、2015年には3万1,500円になっていれば、5%上がっているので、2015年の指数は105となります。

こんな感じで、消費される物の値段を計測しているのが、消費者物価指数(CPI)です。

南アフリカの場合は、CPIにパーセンテージを採用しています。そしてそのパーセンテージが、程よいプラスの値だと言い切れる範囲が、ハニャホ総裁の言及しているインフレターゲットのわけです。


・各国のインフレターゲットとSARBの表記。


インフレターゲットは、国内の景気上昇の目標値とも言えます。ここで、各国のインフレターゲットを見てみましょう。

みずほ総合研究所より。

(クリックで移動します)

新興国、先進国は軒並み高めに設定されているのが分かりますね。さて、この表に記されている通り、南アフリカのインフレターゲットは、3%から6%です。このターゲット内に収まっているかどうかは、SARBのホームページに常に、次のとおり示されています。

SARBホームページより。

(クリックで移動します)

なんだか気圧計みたいですね。いまはPPI 4.2で、ターゲットの中に納まっているみたいです。CPI(消費者物価指数)もインフレ率把握に使ってますね。けどまあ、ここら辺の細かい話は、後回しにしましょう。いま大事なのは、南アフリカ経済の対局を把握することです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

こんな感じで、疲れるまで続けて行きたいと思います。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m