KUSHIDA王座奪取ならず(2019/10/9 NXT)

(「試合になっているか?」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

TV放送2時間フル第二回目のNXTを、ふり返って記しておきたいとおもいます。

今回(2019/10/9)のメインは、NXT UK王者ウォルター(WALTER)に、KUSHIDAが挑みました。

この回のアングルのつづきとなっています。

(以下、画像出典はWWEです。)


・なにを見せたかったのか?


KUSHIDAがコケた!!

本記事トップ画像にあるとおり、体格差が歴然としている2人の釣り合わない試合になってしまいました。

とくにKUSHIDAがインペリアルに因縁つけたわけでもない・・・

・・・なにがしたいのかわからない試合でした。

結果的に、KUSHIDAにとってTV放送初の敗戦になってしまうのですけれども(EVOLVEでドリューグラックのクルーザーウェイト王座に挑戦して負けている)・・・

・・・この負け方をさせてWWEは、KUSHIDAをどう見せたかったのでしょうか?

よくわかりませんでした。

ただ価値を落としただけに見えました。

KUSHIDA自身も、動きにキレがなかったです(上掲画像)。


・ウォルターが勝った。


ラリアート
→フォール。

マウロラナーロの絶叫もむなしく・・・

・・・試合時間が長かった割には、ウォルターの一方的な試合だったという印象はぬぐえませんでした。

最後は、ウォルターがラリアットからのフォールで、KUSHIDAをくだし、NXT UKの王座を防衛しています(上掲画像)。

・・・・・

これでは、NXTはAEWに勝てないでしょう。

フィンバラーが戻って来てくれたなら、もっとそれを前面に押し出して、彼中心にストーリーを作って行くべきだとおもいます。

で、KUSHIDAも、それに絡めればいいじゃないですか。同じ新日本出身なんだから。

・・・・・

ちなみに、今回のNXTで、クルーザーウェイト王座戦も行われ、ドリューグラックが、すったもんだした挙句、復活したリオラッシュにベルトを渡しています。

・・・205Liveって、ドラフトで、もうほとんど空洞になっちゃったけど、大丈夫なの?

そんなふうにおもっています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m