いいかげん30fpsとかそういうのも知りたい。

(こういったものですね。)

こんばんは、みゅじ子です。

前回、1080×720とかそういた話(ピクセル=画素数といえ)をしました。

今回は、30fpsとか60fpsとか、そういうお話をさせていただきたいとおもいます。


・フレームレート。


30fpsとか60fpsとか、そういうお話は、比較的簡単で、フレームレート(frames per second)のことです。

フレームは、パラパラ漫画の1枚とかんがえればよいでしょう。

30fpsで、1秒間に、30枚パラパラ・・・

60fpsで、1秒間に、60枚パラパラ・・・

・・・というわけです。


・30fpsでよい。


結論から申し上げますと、30fpsでよいです。

多ければよい、というわけではなく、たとえば60fpsにすると、画質が落ちます。

許容容量数とか処理数とか、パソコンの性能にもかかわるようですけれども、数学的に説明できるようです。

工学部系の興味持っている方なら、以下の記事がよいでしょう。

参考:動画のフレームレート(fps)を決める際に注意すべきポイント


・24fpsもアリ?


GoProなどをつかえばわかるとおり、
画素数に応じて
許容fpsがある。
60/50だったら60fpsという
意味だとおもう。

だいたい私達を悩ませるのは、それ以下にしてはダメか・・・ということで、もっと上にしたい!ということはないでしょう。

参考までに富士通さんがまとめてくれています。

24fps:映画で採用されています。映画のような表現効果を希望されるとき。(23.98fps)


25fps: 欧州などPAL圏内でテレビやDVDに採用されています。PAL圏内で動画編集をフレームレート変換せずに行ないたいとき。


30fps:日本国内などNTSC圏内でテレビやDVDに採用されています。(29.97fps)


50fps:欧州などPAL圏内でテレビやDVDに採用されており、25fpsよりなめらかな映像です。PAL圏内で動画編集をフレームレート変換せずに行ないたいとき。


60fps:日本国内などNTSC圏内でテレビやDVDに採用されており、30fpsよりなめらかな映像です。(59.94fps)

PAL圏内やNTSC圏内の意味は分かりませんが、電波範囲っぽいですね。欧米と日本、みたいな感じでしょう。

いずれにせよ、映画的なら24fpsも可能・・・ということになりますね。

やってみよう・・・

これも、追って説明を付け加えられたら、とおもいます。

正直きっついですけれども、デジタルライフ、楽しんでゆきましょうね!

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m