アンドシン(indochine)は食わず嫌い?(2)

(「本国ではすっごい人気。」
出典:IndochineVevo

こんばんは、みゅじ子です。アンドシン(Indochine)について書いています。好き嫌いが分かれるビジュアル系バンドなんですが・・・・


・わざとキモイ感じ出しているような気もする・・・。



ここら辺(↑)は確信犯でやっている気がします。


上掲PV曲「Marilyn」は、2002年のアルバムParadizeからのシングルカットのようです。いかにもって感じで、このころのアンドシンは、ワタシはまだ食わず嫌いそのものでした。

ただ、関係ないですけど、アンドシンについて書き始めてから、本サイトのツイッターに「いいね」がアンドシンファンの方々(もちろんフランス発)から来ているようです。


・メンバー紹介していませんでした。


(クリックで移動します)

このメンバー紹介が、文字数少ない割には、結構体力使います・・・。

上掲画像、向かって左から、

・Marc Eliard (ベース、1992年からメンバー)。

・Ludwig Dahlberg (ドラム、2015年からメンバー)。

・Nicola Sirkis (ボーカル)。

・Boris Jardel (ギター、1998年からメンバー)。

・Oli de Sat /Olivier Gérard (キーボード、2002年からメンバー)。

これ(↑)ちょっと怪しいです。

ドラムさん間違っている可能性大。

ギターとキーボードの方は自己主張強そうなんで、すぐ分かりました。

ベースとドラム、おっちゃんやん。


・ちゃっかり新しいアルバム出していた。



去年(2017年)、ニューアルバムをリリースしていたみたいです。「13」。まんま「トレーズ(treize)」で良いのでしょうか。

Black City Parade からの流れが好きなので、このアルバムも通しで聞いてみようかな、と思ってます。

それにしても、この世代のロックバンドって、たまに爆発的に働きますよね。すごいなあ。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m