キャスパー(Casper)について。その2

(出典:Wikipedia)

こんばんは、みゅじ子です。前回に引き続き、ドイツのラッパー、キャスパー(Casper)のご紹介をしたいと思います。


・Hinterlandが個人的にはベスト。



前回お話しした通り、キャスパーには4枚のアルバムがあります。そのうちワタシが一番良いできだと思っているのは3枚目のHinterlandです。

アマゾンの森で暮らしている不思議な女性(アリエル?)の物語、というコンセプトのアルバムで、PVも物語を追っていて面白いです。


・代表的な曲。


1曲目:Im Ascherregen

「灰の雨の中で」

主人公の女性が、まだアマゾンの森林地帯みたいなところで暮らしている場面がPVに成っています。

2曲目:Hinterland

「後背地」

タイトルトラックですね。いい曲です。なぜかキャスパーが、主人公の女性と旅をして、強盗をします。

7曲目:Ariel

「アリエル」

主人公の女性の名前がアリエルなのでしょうか?ここで彼女はなぜかアメリカのニューオリンズに来ています。

10曲目:Jambalaya

ジャンバラヤ

主人公の女性がニューオリンズにやって来たことに関係ある曲のようです。

以上の4曲は素晴らしいですね。


・もちろんイマイチな曲もある。


Hinterland、世界観が大好きなんですけれども、残念ながらイマイチな曲もあります。

3曲目:Alles endet (aber nie die Musik)「すべてが終わる、でも音楽は終わらない。」

→ポップ過ぎて面白くない。

4曲目:Nach der Demo ging’s bergab.「デモはできたのにイマイチ」

→10曲目のJambalayaと同じテイストなのだけど、Jambalayaほど突き抜けてない。

9曲目:La Rue Morgue「モルグ通り」

→キャスパーを聞く人はこういう曲調は望んでいない。


・微妙な曲もある。


あと、微妙な曲もHinterlandには収録されています。

6曲目:Lux Lisbon。

→Tom Smithさんをフィーチャー。でもこの曲調は4枚目のアルバムの表題曲「Lang lebe der Tod」で完成したと言った方が良さそう。

8曲目:Ganz schön okay

→人気者のKraftklubをフィーチャーしていますが、如何にもシングルという感じの曲で、ここだけ浮いています。


・好きな曲だけMP3で手に入れるのが良いみたい。


このように名盤Hinterlandですが、アルバム丸ごと買うべきか・・・と尋ねられたらワタシは首を横に振るでしょう。

というわけで、良いと思う曲だけをAmazonなんかでMP3データとして手に入れるのが賢い選択なようです。

・・・・

Hinterlandについては、この辺で良いでしょう。

次回は、キャスパーの歌詞についても少し迫ってみたいと思います。

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

本編は続きます。