ファストレーンにもアスカ師匠。

(「RAWだけど
SmackdownPPVに登場!」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。去る3月11日、オハイオ州コロンバス(コロンブスと綴りは同じ)で、レッスルマニア前最後のPPV、ファストレーン(Fastlane)が開催されました。

女子ディビジョンでは、シャーロット選手のSmackDown王座戦が行われたのですが、激戦が終わった直後、アスカ選手が登場し、シャーロット選手にSD王座挑戦を表明しました。

アレクサ選手の立場が無いのですが、とりあえず、その場面を見てみましょう。


・ルビーライオット選手もチェック。


(ルビーライオット

出典:Wikipedia)

大抜擢とも言える仕方で、今回のファストレーンで、SD王座に挑戦したのは、タレントのベッキー似ルビーライオット(Ruby Riott)選手です。ライオットスクワッド(The Riott Squad)というユニットを率いています。本ユニットの他の2人は、わめくと往年のヴィッキーゲレロにそっくりです。

私がSmackdownあんまり真面目に見てないからかも知れませんけれども、ルビー選手については、正直「なんで、この選手?」と思いました。でも試合見たら、すごくいい選手だな、と思いました(くわしくはWWEネットワークで。上掲画像と全然違う選手が出て来ると思います)。

あんまり良い選手なんで、最後にはジェイホワイトと区別が付かなくなってきました。


・アスカ選手登場!!


お面とったら別の人だった

というのも、

この人ならやりかねない。

(出典:WWEー以下同じ)

SD王座戦は辛くも、シャーロット選手が、フィギュアエイト(足四の字固めをしてなぜかブリッジをする)で、ルビー選手を下しています。

疲労困憊でベルトを掲げるシャーロット選手。その瞬間、アスカ選手のテーマ曲が(本記事トップ画像)!

アスカ選手が、シャーロット選手の存在を無視するかのように、我がもの顔で登場して来ます。

というかアスカ選手、最近誰か、女優さんに似て来ましたね(上掲画像)。誰か分からないんですが。


・ついに女王様対決!!


全国のM男のみなさま

お待たせいたしました。

アスカ選手は、たっぷりと自分の入場を楽しんだ後、無言でシャーロットに、にじり寄ります。

SD王座に挑戦するつもりだ!!

今回はマイク大丈夫なのか?

師匠がんばれ!!

・・・と思ったら、レッスルマニアのモニュメントを無言で指さして終わり。内容は、アナウンサーが解説・・・といった感じでした(こんな↓感じ)。

プロレスやろうぜ!

このあと、シャーロット選手が非常に困った顔をしたのが印象的でした。かなり素でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

次回はナカムラ選手のルセフ戦を見てみたいと思います。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m