ネクフさん【続②】:1995あたり。

(出典:Wikipedia)

こんにちは、みゅじ子です。以前取り上げさせてもらったフランスのラッパー、ネクフ(Nekfeu)について、まだお話しし切れていないところがあったので、「続編」という形で書かせて頂いています。

ネクフさんが過去に所属していた4つのグループを、ゆるーく追っています。その4つのグループとは、以下のものでっす。

① 5 Majeur(2011-2013)。

② 1995(2008-現在)。

③  L’Entourage(2008-現在)。

④ S-Crew(2009-現在)。

前回、① 5 Majeur について書かせて頂きました。今回は、② 1995 を扱いたいと思います。


② 1995(ミルヌフサンキャトラバンカーンズ)。


1995と書いて「ミルヌフサンキャトラバンカーンズ」と読むのは、あれですね、フランス語勉強してみたひとなら、だれでも突き当たる数字の読み方の難しさムキ出しですね。

他にも「ディズヌフキャトルバンカーンズ」などフランス語の数字の読み方に従い、多様に読まれるみたいです。

なんかの曲の出だしでネクフが「ミルヌフサンキャトラバンカーンズ!」って叫んでいたような気がしたので、一応、その読みで行くことにします。

メンバーは、Alpha Wann、Areno Jaz、Fonky Flav’、Nekfeu、Sneazzy West、Hologram Lo’、の6人なんですが、ネクフ以外知りませんよね・・・。ワタシもそうです。

というか、そもそも「ネクフって誰?」というかたのために本記事を書いています。


・1曲聞いてみましょう。



フランス革命的な?

1995年は、フランスのラップ界の「黄金の年」だと考えられているようです。・・・そうなんですね。

で、1曲「Réel(リアル)」という曲を聞いてみましょう。

う~ん、これだけで判断するのは難しいですが、「ここでもないんだよなあ・・・」というのがワタシの正直な感想です。でも、ほかのアルバムや曲を当たってみれば、1995でも、良い曲がいっぱいあるかも知れません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

本編は続きます。