トレチノインやハイドロキノン・・・売り切れている場合は?

こんにちは、ケン娘です。BIHAKUEN(ビハクエン)シリーズを中心に、トレチノインがかなり売れているらしくて、なにかと質問を受けるようになりました。トレチノインとセットで使われるハイドロキノンと一緒に、あらためて購入先を確認しておきたいと思います。

ちなみに、本サイト最下部「カテゴリ」に、トレチノインハイドロキノンについての説明記事もございますので、お時間がありましたら、あわせてご参照して頂けたら、と思います。


・BIHAKUEN(ビハクエン)


上掲のしっかりした宣伝と、パッケージの良さから、BIHAKUEN(ビハクエン)シリーズが売れているようです。

現在品切れ多数・・・という情報も入って来ています。

しかし基本事項を確認させてください。

・BIHAKUEN(ビハクエン)はアメリカ製、日本製ではない(この記事も参照)。

・そもそも日本製のトレチノインは無いこの記事も参照)。

・ハイドロキノンは日本製のものがある、ただし高価この記事も参照)。


・インド製のトレチノインでも問題ありません。


BIHAKUEN(ビハクエン)シリーズのトレチノインが無かったとしても、インド製のもので代替可能です。実際、私はインド製のものを使っています(上掲画像)。

・0.025%

・0.05%

・0.1%

の3種類がありますから、用途に応じて使い分けてください(この記事参照)。


・インド製のハイドロキノンでも問題ありません。


加えるに、BIHAKUEN(ビハクエン)シリーズのハイドロキノンが無かったとしても、インド製のもので代替可能です。実際、私はインド製のものを使っています(上掲画像)。

こちらは、2%と4%のものがありますが、ハイドロキノンのほうは濃度をあまり気にしなくて良いです。私は4%のものを使っています。上掲画像の商品です。


・まとめ。


BIHAKUEN(ビハクエン)シリーズのトレチノインハイドロキノンが売り切れていたとしても、代替品で大丈夫です。

個人輸入さんだと品質が・・・という懸念がありますけれども、私は長年使っていて一度もトラブルに見舞われていません。

すこしパッケージがアレなんですけれども、それは値段と引き換えに、唯一のマイナスポイントだと思って頂ければよろしいかと思います。

それでは。

本記事がお役に立つことを願っています。