ケニーオメガの試合(2021/6/12 AgainstAllOdds)

このくらい身長差があった。
(出典:ImpactWrestling)

こんにちは、ヤマガタです。

(現地時間)2021/6/12, ImpactWrestlingのPPV, AgainstAllOddsが、いつものスカイスタジオと、メインだけ、デイリーズプレイスで開催されました。

本記事のケニーオメガの試合が、それ(Daily’s Place=AEWの本拠地)での収録で・・・

・・・そこでケニーオメガは、保持しているImpactWrestlingの世界王座をかけ、ムースという選手と対戦しました。


・Moose


ムース(Moose)。
196cm,
140kg.
アメフト出身。
自分の意志で、プロレスに。
ROHから、
ImpactWrestlingに移籍。
(参照:Wikipedia日本語

・・・で、このムースという、アポロクルーズなのか、タイタスオニールなのか、よくわからない選手ですが・・・(←シメられるぞ、そういうこと言っていると・・・)

元アメフトの選手みたいです。

デカくて身体能力高いんですが、そんなのならゴロゴロしている・・・。

なにかストーリーをみせてくれないか、とおもっていましたが・・・

なかったです。


・ImpactWrestlingが悪い


ヤングバックスが介入して
オメガを助けて、
ワンウィングエンジェルさせて、
気絶しているレフェリーを起こして、
スリーカウントさせた・・・っていう、
いかにもプロレスファンが
嫌いそうな結末。

本試合に関していえば、全部、ImpactWrestlingが悪い、のひとことに尽きます。

スケジュールの問題もあっただろうけれども、Daily’s Placeは、ImpactWrestlingにはキャパ広すぎました。

いつも深夜の体育館に逆戻りです(トップ画像みてもらえば、わかるとおもいます)。

あと、カメラワークが、ずっと遠巻きなので、ぜんぜん迫力が伝わってこない。

アナウンサー陣も抑揚なし。

もう演出がグダグダ。

やる気あんのか。

メインだろ?

いま勝負のときじゃないのか?

インパクトレスリング?

二流三流のインディーショーに逆戻りしたような、ダメなメインでした。

なんでこんなのやったんですかね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


・つづき


つづきは、他サイトで記事化させて頂きます。

小島聡 vs. ジョードーリング(2021/6/12 AgainstAllOdds)

ビッグキャスその後(2021/6/12 AgainstAllOdds)

デオナプラッツォその後(2021/6/12 AgainstAllOdds)