ピロヤンが動画更新を止める

(ご本人チャンネル

こんばんは、伊田です。

ほとんど誰も知らないとおもうのですが(この発言もご本人に失礼なのですが)、あれですね、タクシードライバー・・・の・・・だれだっけ・・・

・・・そう、のぶさんのところで言及した、マイナー(失礼)ユーチューバーのかたに、ピロヤンさん、というかたが居ます。

トップ画像のかたですね。

現在(2020/11/18)、登録者数 8,290人。

個人ユーチューバーとしては充分成功しています。

このピロヤンさんが、動画の更新をやめた、ということで、半径3mくらいに激震が走っています。


・いちおう解説


ピロヤンさんのチャンネルですが・・・

正直、のぶさんのところでお伝えしたとおり、私は、1カ月・・・いや、1週間くらいで見るのをやめたので、くわしくは語れません。

どんな内容の動画がアップされているかというと、ただ、ピロヤンさんが出てきて、

あざ~っす・・・(=おはようございます)

昼飯くっちゃくっちゃ・・・

夕飯もっしゃもっしゃ・・・

・・・という動画です。

・・・まあ、耐性のあるかたには大丈夫なんでしょうけど、私は無理でした。

ただ、チャンネルの伸びには注目していて、このチャンネル、どこまで伸びるかな、というバッタ(失礼)を見るような視点で訪問していました。

順調だったとおもいます。

① 7,000人台~8,000人台にかけて伸び悩んでいたが、登録者数が減ることもなかった。つまり、10,000人台になってセレブ待遇(?)間近だった。ほかのユーチューバーとコラボもしていた。ひとりも知らんが・・・

② 各動画、毎日3,000回くらい視聴されていた。これはYouTubeやってみればわかるとおり、かなりスゴイこと。

③ YouTube収益、毎月5万くらい?いや、これも充分すごいけどね・・・。

あと、蛇足ですが、ピロヤンマネージャーのかたの動向も、怖いものみたさで、たまに調査していました(もうマネージャーではないらしい。そもそも、どんな動画をあげているかも知らないが・・・)。


・なにが起こったか?


突然これだったから、
みてビックリしました。

・・・と、こんな感じで、私自身は、チャンネル成長(あるいは衰退)の事例として、ピロヤンさんのチャンネルを観察していました。

ただ、ついさっき見たら、毎日していた動画更新が止まっていたんですね。

チャンネルコミュニティ経由で、調べてゆくと、どうやら、アンチにキレたらしいんです。

震源(半径3mくらいなんですが)はピロヤンのツイッター(上掲画像)です。

どうやら、バカ正直に(失礼)じぶんの動画へのコメントを、ピロヤンさんは毎回読んでいたみたいなんです。

それでついに、怒りが爆発した・・・。

・・・と、まったく知らないひとは、ここまで読んで何が何だかわからないでしょうから(私の推測で)あらすじをまとめると・・・

① ピロヤンチャンネルの中心は、毎月の預金残高照会。スタート時(2019年1月)1,000万円。

② これ↑が減って、いま(2年後にもなろうとしている2020年末)490万円くらい。

③ そのこと↑について、訪問者に、やれ、バイトしろとか、現実から逃げているとかヤジられて・・・ピロヤンがキレた。

・・・という経緯で、メンタルがやられたピロヤンは毎日更新していた動画をストップさせたみたいです。


・大人だったら苦労しないのだが・・・


ただ、私は今回の件(ピロヤンが切れたこと)は、あまりピロヤンに味方する気にはなれません。

YouTubeでは、以下が大前提です。

訪問者 = 広告収入発生

なので、ヤジろうがなにしようが、

訪問して

→ 視聴回数あげてくれて

→ 好きでも嫌いでもなんか押してくれて

→ 広告を読みこんでくれる

いわゆるトラフィックってやつですね・・・これをしてくれるひとに、非難をするべきではないでしょう。

でもね・・・

ピロヤンチャンネルのファンは、そんなズル賢い頭の働かせかたができないピロヤンが好きなんだと思います。

この”好き”ってのは、かなり説明しがたい”好奇心を持つ”に近い感情ですね。

私は正直、ピロヤンチャンネル閉鎖になろうが、どうでもいいんですが、今回の半径3mくらいに衝撃が走る事件をみて、以上のことをおもいました。

みなさんは、どうお考えでしょうか。

あ、そもそも知らねーか・・・

いや、これもピロやんさんに失礼か・・・

でも、ご本人、相当ラッキーなんだけどね。或る意味ではなく、客観的に見て。

ただ、どうチャンネル運営舵取りすべきか(精神的にキツすぎだから毎日更新諦めるか、コメント選択制にするか etc…)、私は知りません。

とりあえず、そんな視点で興味深く見させてもらっています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m