バイデン氏勝利(2020年米大統領選)

(PA = ペンシルバニア州で決定)

こんばんは、編集長です。

まる3日?でいいのかな?

郵便投票で混迷していた大統領選の決着がついたみたいです。

現在、日本時間で11月8日朝2時ですね。

NHKのニュースが、30分前ですから、まあ、今でよいでしょう。


・ペンシルバニアとジョージアで、ひっくり返った


前回と比べると、結局ネバダが決定打にはなりませんでした。

ペンシルバニアとジョージアで、バイデン氏にひっくり返って・・・

ジョージアは責任感じて再集計・・・

で、他が行かないなら・・・というわけでペンシルバニア(選挙人20人)が結果をだし・・・

バイデン 248人→268人・・・なんですが、284って出てますね。

あと16人は・・・ああ、ミシガンの16人が出て、かなり前から264人で王手かけてたんですよね。

ミシガンが早々にバイデン氏勝利で264人になり・・・

・・・ネバダの6人待ってたんですが、大逆転のペンシルバニアで+20人にひっくり返って、バイデン氏の勝利。

264人+20人で、284人。

・・・というわけで、バイデン氏勝利でした。

【追記:日本時間朝2時半ごろですが、ネバダが後づけ感満載で、バイデン勝利の+6をようやく出しました。よって現在、バイデン氏290人です。】


・トランプがやったこと


まあ、こういう人間なんでしょう。

私は、トランプはアメリカ史上最悪の大統領だとおもっているんですが、歴史の記憶として残しておきましょう。

① 素人が政治をやった。

② 黒人、女性差別を拡大した。

③ 中国との関係を悪化させ、世界経済を混乱させた。

④ 世界に保護主義、ならびにポピュリズムという名の衆愚政を蔓延させた。

⑤ コロナ感染者死亡者を世界トップにした。

⑥ 白人至上主義を蔓延させた。

こんなところでしょう。

アメリカの株価は、落ちることになるみたいです。

でもまあ、なにより、アメリカが正気に戻ってよかったです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m