アスカを叩いてはいけない。その4

(「明日の超特急(Express)じゃないよ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。日本のマット界では「華名(カナ」、WWEでは「ASUKA」で活躍しているアスカ選手が、ついにNXTから昇格し、2017年10月22日、RAWブランドのTLC(テーブルラダーチェアー)大会でデヴューしました。

WWEでのニックネームは「The Empress of Tomorrow™」。

未来の女帝™」という意味で、行く行くはWWEの女子ディヴィジョンの「女帝™」に成ることが期待されていると思われます™。

すでに、ひとり居るんですけどね、「ザ・女帝」が(↓)。

(「シャーロット姉さん」出典:WWE)

ええと、いまシャーロット選手はSmackdownの方に居るんですよね。

なんなら、Survivor Series(サバイバーシリーズ)で、RAWアスカ選手と、Smackdownシャーロット選手が戦えば、東西女王様対決で、M男ファンにはたまらないんでしょうけど、どうなんだろう・・・。

まだストーリーラインも決まってないし、抗争もしてないし・・・”時期尚早”というのが上層部の判断なんでしょうね。

上層部と言えば、最近のシェインマクマホン(Smackdownのコミッショナー”♪マニマニマニー“って音楽で登場する人)のマイクは興味深いですね。

シェイン曰く「あいつら(RAW)、オレたちを2次ブランドだと決めつけてやがる!」

うん、そこらへんは、ずっと、くすぶっていますよね。

・・・そんなこんなで、RAWSmackdownが衝突する大会、Survivor Seriesが迫っています(2017年11月19日)。

しかし、ここではのんびりとアスカ選手のデヴュー戦を扱っています。

いいえ、のんびりなんかじゃありません。はりきって行きましょう!

(以下、画像出典は全部、WWEです。)


・アスカ選手入場!


♪でーでーでっ、でーでーでっ・・・

ついにアスカ選手、昇格です。

それにしても、画像がきれい。(アスカ姉さんも、おきれいで・・・。)

新日本プロレスの大会なんかと比べると「光の量」が全然、違うんですよね。

WWEの放送のほうが、見せ方が何十倍も上手いんですよ。

どうなんだろう、レッスルキングダムでもっと、光の量多くできないだろうか。


・The Empress of Tomorrow has arrived!!


アナウンサー「女王様のお出ましだ!!」

ブッカーTの気になる重低音解説が差し挟まれるなか、ついにアスカ選手、昇格のリングに入りました。

ちなみに、WWEの解説でも、アメリカメディアでも、アスカ選手は、「アスカ」と呼ばれるより「The Empress of Tomorrow」で呼ばれることのほうが多いです。

うおー!アスカー!!

熱狂するファンたち。

真ん中の男性はお面仕様♥

期待に応えて阿波踊りを振る舞う

アスカ選手(推測)。


・恒例のお面取り。


・・・で、恒例のお面取りなんですけれども、アスカ選手の場合、ここが一番の見せ場と言っても過言ではないでしょう。

このお面取り試合以上に評価している筋も居るくらいです(←テキトーなこと言うなよ)。

とります!!!!

今回は、どんな表情を見せるのか!?

ニュートラルな・・・

立ち上がり、だ、と・・・!?

あ、厳しい表情

やっぱり観客を睨みつけるのか?

どやー!!

みたいな感じで・・・。

どやー!!!」って・・・。

あ・・・あれ?

せ・・・

セクシー路線、だ、と・・・!!

どアップ・・・。

まだやんのか、アンタ・・・。


・さすがプロ。


以上が、アスカ選手のエントランスでした。

さすがですね。

関西のおねーちゃんだから、持って行くところは全部持って行きます。

もって生まれたものは、ナカムラ選手以上でしょう。

作っているほうも、心底、疲れました(←じゃあ、やんなよ)。

次回は、順番が前後しますけれども、WWEでの遺作となってしまったエマ選手のエントランスを見てみたいと思います。

あ、試合についても書くので、何卒、ご愛好ください・・・。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

本編は続きます。