マクレガーがあっさり勝つ(2020/1/18 UFC 246)

(「カネ、カネ、カネ・・・」
出典:UFC)

こんばんは、ヤマガタです。

ハビブに負けてから1年ちょっと・・・ようやくマクレガーが試合をしました。

ネバダ州のTモバイルアリーナ。

観客動員数は19,000人くらいだったみたいですね。

(以下、画像出典はUFCです。)


・ドナルドセローネ(セローニ)


ドナルド、カウボーイ、
レジェンド、
セローネ/セラー二。

相手は上掲画像のドナルドセローネ(セローニDonald Cerrone)。

峠はとうに超えている36歳で、王座獲得経験はないみたいです(Wikipedia)。

セラー二(セローネ)がどんな選手か、なんてわかんないですよ。

すぐ、40秒で試合終わっちゃったんだから。


・セラー二が弱すぎた?


もうぜんぜんマクレガーの
うごきに
ついていっていない。

もちろん、こんな舞台に出るくらいですから、セラー二(セローネ)が、凡人レベルからみれば、べらぼうに強いのはわかります。

・・・ただ、今回の試合はひどすぎたかな。

カネもらってんじゃないか、というくらいマクレガーを立てる試合内容でした。

マクレガーはリーチのあるパンチと、ゴリゴリ系の相手が嫌がる動きを好みますが・・・

セラー二(セローネ)のくらったキック、パンチは、べつに予想外のものではなかったはずです。

なのに、まるで予測外だったかのようにクリーンヒット(上掲画像)。

オクタゴン(UFCのリングのこと)周辺は、解説者もふくめ、PPVの稼ぎ頭が返って来たので大フィーバーだったのですが・・・

・・・今回はショーっぽかったかな。

そんな感じのUFCでした。

またマクレガー試合するのかどうかわかりませんが、あったらリポートしてみたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m