King of the Ring、関係ないけどKUSHIDA敗退。

(「ミッドカードの祭典です」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2019/8/26)、RAWにはカブキウォーリアーズ(ASUKAとカイリセインとペイジのユニット)も、ナカムラシンスケの出番もありませんでした。

(以下、画像出典はWWEです。)


・KUSHIDAが初めて敗退。


ドリューグラックは
現クルーザ―ウェイト
チャンピオン。

そういえば地味に無敗街道のプッシュを受けていたKUSHIDAが、人知れずEVOLVEでドリューグラックに敗退しました。

これは以前のアングルの継続ですね。

WWEはEVOLVE(買収したインディー団体と理解すればようでしょう)の興行ぶりに満足しているようで、おそらく、EVOLVEあれば、育成ブランドとしてのNXTは最早無用と判断したのでしょう。

205Liveは今年(2019年)10月か、遅かれ早かれ消滅するのは避けられないとおもいます。

きっとクルーザーウェイトというディビジョンだけ残して、ベルト争奪戦は、NXTやEVOLVEでたらいまわしにするのでしょう。

・・・それにしても、24/7王座の劣化ぶりは目を覆うものがありますが(FOXの解説者とかが戴冠している・・・Cagesideseatsこの記事)。


・King of the Ringトーナメント


このあと辞めた。

今回の(2019/8/26)のRAWですが、キングオブリングトーナメント(King of the Ring)という盛り上がらないアングルを展開していました。

WWEが新日本みたいなことをするといかに胡散臭くなるか、といういい例なのですが、それなりに伝統のあるイベントです(かつては4大大会の一角にしようとしていたみたいです・・・Wikipediaによる)。

わすれたひとには、2015年、バッドニュースバレット(Bad News Barrett)が優勝した・・・と言えばわかるのではないでしょうか。

そのあとバレットは王冠つけて無敵のアピールしていたのですが(上掲画像)、そもそもなんでそんな格好しているのかわからない・・・というのが当時の視聴者の印象だったはずです。

バレットは直後に、じぶんの扱いに不満を表明してWWEを辞めています。


・ミッドカードイベント。


逆に優勝したら
プッシュから外される
・・・という気さえする
呪われたトーナメント。

キングオザリングトーナメントの意義は2つあります。

ひとつは、クラッシュオブチャンピオン(2019/9/15)に向けての布石。

もうひとつは、ミッドカードのイベント。ようするにMainEvent出場者の祭典。だからというわけか、逆に、ドルフジグラーの名前はありません(嗅ぎつけるんでしょうね)。

とにかく後者(ミッドカードイベント)の色合いがつよく、誰が優勝しても、まったく興味をそそられない、というのが、このトーナメントの特徴です。

RAWとSmackDownのスキマ時間にやる、というのも大きな原因でしょう。

とにかくつまらないことだけは太鼓判を押します。

ほんとうに、こういう競技性の強いアングル組ませるとWWEは下手ですよね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m