バディマーフィ初戦(2019/8/13 SmackDown)

(「たぶん食事制限なくなって
食いまくっているとおもう。」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。今回(2019/8/13)のSmackDownにナカムラシンスケの出番はありませんでした。カブキウォーリアーズ(ASUKAとカイリセインとペイジのユニット)の出番もありませんでした。

特筆に値することといえば、マイナーですがバディマーフィ(Buddy Murphy)がデビューしたことだとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・相手は突然ロマンレインズ。


ブーイングはなかった。
もしかしたらWWEの方で
音声に手を加えているかも
しれない。
(そういうことは余裕でする会社)

なんか裏でロマンレインズが襲われる・・・というアングルが展開されていて、その延長線上でのバディマーフィデビューでした。

けれども、そんなことはどうでもよくて、バディマーフィといえば205Liveの立役者ですね。見た目によらず、非常に繊細な動きをする選手で、私はかなりファンです(くわしくはこの記事)。

今年の4月に早々に昇格していましたが、出番はありませんでした。

そんななか、WWEとしては一旦マイナーなところからロマンレインズをスターダムに押し上げようとする脈絡で、ついにバディマーィ見参です。

とりあえず24/7要員でなくてよかったです。


・どんな試合だった?


場外でのスーパーマンパンチ
→スピア
→フォール
でレインズの勝ち。

試合は、どうしてもレインズのショーになってしまうのですが、とにかく盛り上がっていたのは確かです。

レインズはいうまでもなくアメリカ。バディマーフィはオーストラリアなので、カナダ(今回はSummerSlamのつづきでカナダでライブ)のひとたちが盛り上がっていたのは、単純にレスリングを評価していたんだとおもいます。

そんなこんなで、レインズが手堅く勝利しました(上掲画像)。

バディマーフィには、もっと活躍してほしいですね。

タッグではなく、(ムスタファ)アリとユニットとか作ってほしいんですけれども。

関係ないけれども、セドリックアレクサンダーもレインズのタッグパートナーとしてなんかやってましたよね。

この205Liveとロマンレインズとのつながりは、なんか偶然なんでしょうか。

FOX移動になって、205Liveの放送方法も気になるところです。トザワもなにか、のし上がるきっかけになればよいとおもっています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m