またもや騒ぎ出したトルコリラ(2019/7/10 FX):その1

こんばんは、品川です。

すこし、押さえておかなければならない出来事が噴出していますので、里程標として本記事で押さえておきたいとおもいます。


・ギリシア、格づけ改善か(2019/7/9)


ギリシア危機は最早、遠い昔の話にですけれども、その後の話がすこし出回ったので、おさえておきましょう。

07/09 01:15         ニュース速報    【通常市況】【市場の目】反緊縮の夢が潰えるギリシャ ギリシャの悲劇は終わりを告げたか?

第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト・田中理氏

反緊縮の夢が潰えるギリシャ ギリシャの悲劇は終わりを告げたか?

緊縮見直しを求めて2015年に誕生したシリザ政権が幕を閉じた。代わりにギリシャ国民が政権を託したのが、中道右派のかつての政権与党。新政権は減税や規制緩和による経済活性化を目指す。

昨夏に支援プログラムを卒業した同国は、世界的な利回り追及の流れもあり、市場調達への復帰に成功した。追加の債務負担軽減策もあり、債務の返済プロファイルは一段と改善。このまま財政再建を続ければ、向こう数年内の投資適格復帰も視野に入る。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ


・リラとランドが対照的?


同期日の記事です。

ニュース速報    【通常市況】トルコと南ア、政府の中銀対応で通貨の動きも異なる方向へ

ランド円は7.69円前後で底堅い動きを見せている。またトルコリラ円は朝方つけた18.71円から徐々に戻し、18.97円前後で取引されている。

両通貨は先週の政府と中銀の対応により、異なる動きになった。トルコはエルドアン・トルコ大統領がチェティンカヤ・トルコ中銀総裁を解任したことを発表したことで、中銀の独立性が危ぶまれるとの懸念で、現在は若干戻しているものの、先週末の終値(19.27円前後)まで戻すことが出来ない。一方で南アは、先週、ムボウェニ財務相とクガニャゴ南ア準備銀行(SARB)総裁が共同声明で、お互いの職権を侵害しないことを発表したこともあり、中銀と政府の間にあった摩擦が解消した形となっている。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

で、問題は、このトルコの中銀総裁更迭なんですよね。

次回の記事に回したいとおもいます。

・・・・・

つづきます。